パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

フランスのCFと人気者と音楽

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

ついにジャン=ポール・ベルモンドが亡くなってしまって。

時代が終わっていくな…と寂しさが過っていたのですが、でもふと、今も健在のフランスの大スターたちが次々に思い浮かびました。

まだまだ伝説は続いております。

まずは何と言ってもベルモンドと言えばアラン・ドロン。

長い間、ベルモンドと比較され、ライバルとされてきました。

白髪になったベルモンドとアラン・ドロンの2人が共演しているのをニュースで何度か見たことがあるけれど。

年を重ねた2人だからこそのリラックスした雰囲気と、2人にしかわからないような親密感があって、映画ファンとしてなんか嬉しかったです。

2019年の8月、83歳の時に脳卒中で倒れましたが、現在は回復して療養を続けているようです。

ベルモンドの国葬にも出席していて、笑顔で観衆に手を振っておりました。

この10月に78歳を迎える大女優カトリーヌ・ドヌーヴはバリバリ現役。

2019年10月に公開された日本人の是枝裕和監督作品「真実」にも主演しました。

その後、11月にやはり脳卒中で倒れましたが、程度が軽く、2020年に復帰。

たまに映画の宣伝でニュースにゲストとして登場することがあるけれど。

すんごい貫禄で大スターのオーラがハンパないです。

ドヌーヴと言うと私が思い出すのがジェラール・ドパルデュー。

少し若くて72歳。

ドパルデューが所得税率が一律13%のロシア国籍を取得した「ドパルデュー事件」では、彼と親しいドヌーヴが彼を擁護するような発言をしたのですよね。

それは置いておいて。

今のドパルデューはびっくりするくらいの巨漢。

現在も映画に結構よく出演しておりますが、毎回姿を見るたびに大きくなっていってるような印象です。

BB(べべ)の愛称で親しまれたブリジット・バルドーも健在。

フランスを代表するセックス・シンボルであったべべは何と、9月28日の今日が誕生日で87歳になります。

俳優の仕事は引退し、現在は動物愛護運動家と’してよく知られておりますね。

多くの男性や人間たちに裏切られたり騙されたりして、人を信用出来なくなっていったと、ご本人が著書で書いていらっしゃるようですが。

以前インタビューで彼女が話したことで印象に残っているのが、映画「素直な悪女」で共演し、不倫関係になったジャン=ルイ・トランティニャンについてのこと。

彼は別。彼ほどチャーミングな人はいないわ、と言っていたのですよね。

その時、ああ、やっぱりそうなんだ、と思ったのです。

と言うのも、その少し前に、小さな朗読劇に主演していたトランティニャンのTVインタビューを見ていて、素敵な人だな、と思ったからです。

カンヌ映画祭でグランプリをとった2012年の映画「愛、アムール」ではカンヌの華やかな舞台には一切立たなかったし、姿を見せなかったのですが。

その地味な朗読劇のためにインタビューに答えていて、佇まいや雰囲気が知的で重厚で温かみがあるのです。

そして、僕は昔、女性のことで何度もバカなことをしてしまったから、とさらっと静かに話していたのですが、その物言いがまた素敵だったのですよね。

この人はモテるだろうな、と思いました。

ジャン=ルイ・トランティニャンは12月に91歳になります。

トランティニャンと言えば、日本だと1966年の映画「男と女」を思い起こす方が多いかもしれません。

この映画で共演したアヌーク・エーメも今年89歳で健在。

私が初めて彼女を知ったのはTVで観た映画「モンパルナスの灯」。

そのあまりの美しさに子供ながらに見とれたのですよね。

2019年にクロード・ルルーシュ監督をはじめ「男と女」のスタッフ&キャストが再び集まり、53年後を描いた「男と女 人生最良の日々」が制作されております。

残念ながら私は観ていないのですが、この記事を書いていたらめちゃくちゃ観たくなってまいりました。

そして映画の舞台になったノルマンディーのドーヴィルにも久しぶりに行きたくなってきました~。

ちなみに。

クロード・ルルーシュ監督も健在で今年84歳。

ジャン=ポール・ベルモンドの国葬に出席していましたが、背筋まっすぐでタッタカ歩いていて、まだまだ作品が何本も撮れそうと感じるくらい、お元気な様子でした。

数年前にはTV番組で、売り出し中だという監督のノルマンディーの別荘が紹介されていましたが、大きな窓から海が見渡せて素晴らしいお宅でしたよ~。

もう売れたかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

フランスを代表する、伝説的とも言える俳優ジャン=ポール・ベルモンドが9月6日に亡くなったことを知った時は、ついにか、と、とてもショックでした。

でも88歳。こればかりはしかたありません。

1年前の映像が何度か放映されていましたが、かなり足腰が弱っていたようで、自分でアクションもこなした映画の中のベルモンドとはやはり違っていました。

でも杖をいったん置いて、白髪で深いシワがあるけれど、変わらない愛嬌のある笑顔で皆に手を振っている姿がとてもチャーミングでした。

ベルモンド

10代の頃に初めて観たジャン=リュック・ゴダール監督の「気狂いピエロ」でのベルモンドとアンナ・カリーナは衝撃的でした。

2人の痺れるような魅力はあまりにも眩しくてあまりにもスペシャル。

そして、こんな手法もありなんだ、決まりにとらわれなくていいんだ、と。

それまでの映画の概念的なものがすべてふっとんで、観た後の帰り道もずっと心が高まっていたのを覚えています。

ゴダール映画を観たのはそれが初めてだったのですが、それがきっかけでゴダール作品を観るようになりました。

「勝手にしやがれ」「女と男のいる舗道」「はなればなれに」「アルファヴィル」「中国女」などなど1960年代後半までの作品はほとんど観たように思います。

その後は商業映画を離れ政治色が強い作品になっていたので、正直よくわからず、商業映画に復帰した1980年代の作品からまた観るようになりました。

ゴダールはベルモンドより3つ上。私が心配してもどうにもならないけど不安です…。

唯一無二の天才映画作家であることは世界中の映画ファンがご存知かと思います。

ベルモンドの息子さんの元F1ドライバーのポール・ベルモンドをときどきTVで見かけます。

前に出るような感じじゃなく、どちらかと言うと控えめで、穏やかな人柄なのを感じるのですよね。

旦那も、彼は昔からそうだよ、と言っております。

彼を含めベルモンドのお子さんは4人、お孫さんは6人。

ポールの息子さんの1人は俳優になり、1人は料理人さんになったそう。

ポールさんのイタリア人の奥さま、ルアナさんが現在料理家として活躍しているのですよね。

国葬だったベルモンドのお葬式では、アラン・ドロンも参列。

息子さんのアントニー(一応フランス芸能界で活動中)に付き添われながら、アラン・ドロンも杖をいったん置いて皆に笑顔で手を振っておりました。

ベルモンドの息子さんのポールも含め、たくさんの参列者が笑顔を見せていたのですが、悲しい顔よりも笑顔の方がベルモンドにはぴったり。

見守っていたファンの1人も、さよならじゃないわ、彼はいつもいるわ、とニッコリ笑っていたのが印象的でした。

annma

アンナ・カリーナは2019年の12月に79歳でパリで亡くなっております。

その時の記事はコチラ→火曜日は大規模デモと女優アンナ・カリーナの死

ベルモンドもパリで亡くなりました。

パリを離れ南仏などに住まいを移し、仕事の時だけパリに’来る、というスターも多い中、2人共ずっとパリ。

たくさん撮影した街にずっと暮らすってどんな感じだったのかな。

通る時には、やはりその時のことが過ぎっていたのかな。

なんて思っております。

衝撃を受け影響された大好きな映画の、大好きな遠い遠い世界の2人と、パリの街のどこかで少しでも同じ時間を共有していたと思うと不思議な幸せを感じます。

今天国で再会して、ゴダール作品はシナリオがないから大変だったね、な~んて話してるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

こしあんより粒あんが好きなmoiです。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

…………………………………………………………………
IMG_7211 - コピー
6月22日から映画館など娯楽施設も、
再オープンとなりました。
ずいぶん長いこと
映画館で映画を観ていないのですが、
映画館の大きなスクリーンで観る感覚は、
家で気軽に観るのとは違うもの。
劇場が暗くなって映画が始まるあの、
静かな期待感は特別です。
そんなことを思い出させてくれたのが、
今TVで盛んに流れている、
フランス映画館連盟FNCFのこのCF。
夕暮れに灯るCINEMAのイルミネーションが
温かみがあって、フランスの雰囲気が出ていて、
思わず見入ってしまいます。
ジュリエット・ビノシュを彷彿させる女性も可愛い。

使われている曲がまた素晴らしいんです。
ジルベール・ベコ(Gilbert Becaud)さん
という方の1967年の
「Je reviens te chercher(君を再び迎えに行く)」。
とても有名な歌だよ、と旦那。
フランスに来て知って大好きになった曲が、
たくさんあるけど、また1つ出来ちゃった感。
まだまだ知らないフランスの名曲、
たくさんあるんだろうな、と改めて思いました。
フランスのCF会社、曲のチョイスが素敵だな、
と、ど素人ですがよく感じます。

あともう1つ、今お気に入りのCFがあるので、
近々ご紹介させていただきますね。
あれかも、と思い浮かぶ
フランス在住の方いらっしゃるかも。
とぼけてて超キュートなあれです♪
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1度行ったメキシコが忘れられないmoiです。
毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

…………………………………………………………………
IMG_6759 - コピー
年に一度ワンクールで放送される、
料理人たちが競いあう人気番組
トップシェフ(TOP CHEF)。
昨日は優勝者を決める最終回でした。
(対戦はコロナ拡大前と思われます)
パラスホテルで前菜、メイン、デザートを作り、
食べた人たちによって投票が行われ、
優勝者が決まります。
最後に残ったのは左がダヴィットさん、
右がアドリアンさん。
IMG_6763 - コピー
ダヴィッドさんは離婚経験があり、
お子さんが2人いらっしゃって、
現在のパートナーは。
IMG_5592 - コピー
男性です。
IMG_5598 - コピー
対戦中には、その彼と2人の子供たちが、
一緒に応援に来て、フランスらしくていいな、
と私は思いました。
ダヴィッドさんは、厳しい制限時間内で、
緊張感マックスの中で料理を作ってる時も、
決してピリピリイライラしない、
穏やかな雰囲気。
IMG_6731 - コピー
アドリアンさんは、審査する三ッ星シェフから
最高の誉め言葉を言われても、超冷静な人。
アドリアンさんもピリピリしなくて、
途中でおトイレに普通に行っておりました。
この方、技術はもちろん、アイディアがすごかった!
本物のクリエイターとはこういう人のこと、
と感じました。
IMG_6737 - コピー
これはアドリアンさんが決戦で作った前菜。
緑のトマトは実は海老のムースで出来たもの。
この1皿もダヴィッドさんの、貝殻に入った、
黒いラビオリとスープの前菜も
審査員たちから絶賛されておりました。
IMG_5579 - コピー
アドリアンさんの奥さまは日仏ハーフだそう。
可愛らしいです。
IMG_6771 - コピー
お子さん2人も両親のいいところをもらって、可愛い~。
パパの仕事のことはまだよくわかっていないようでした。
IMG_6773 - コピー
結果はそれぞれのレストランで知らされます。
包丁を抜いて、赤の印がついていれば優勝者。
後方ではダヴィッドさんの元奥さまとお子さんが、
見守っております。
IMG_6772 - コピー
アドリアンさんもご自分のレストランで。
結果は大差がついていなかったよう。
IMG_6777 - コピー
で、優勝したのはダヴィッドさん!
なのですが。実は今日、フランスのネットで、
ダヴィッドさんのパクリ疑惑が騒がれております。
決戦でダヴィッドさんが作ったメインが、
2016年に優勝して現在レストランのオーナーシェフの
ザヴィエさんがお店で提供しているものと
同じものとのこと。
しかも決戦のデザートも、同じザヴィエさんが
2016年の対戦で作ったものとのこと。
あちゃちゃダヴィッドさん…。
で、アドリアンさんが怒っているとか。
そりゃそうや~。
私も一生懸命考えたレシピを死ぬほどやられてて、
さんざん悲しい思いをしてきております。
なので2人共応援してたけど、
本当ならダヴィッドさんに心からガックリ。
本当の勝者はアドリアンさんだ、
パクリを説明しろ!という声が
たくさん上がってるようです。
このコロナ禍の間にすでにダヴィッドさんは、
他の番組にもちょこちょこ出ていたのですが、
もう出てこれないかもですね。
何にしても本当なら誰のせいでもなく、
自分のせいですね。

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス在住のただの主婦ブロガーの1人ですが、
今のフランスの、世界の状況の中で、
それはしないでおいてください、と思うことがあるので、
2020年3月27日のこの記事を、
しばらく貼り付けさせていただきます。
コロナ記事合戦について
IMG_4314 - コピー
夕方はTVの6チャンネルを点けながら、
夕食の準備をすることが多いのですが。
先週火曜日、いつもは6時45分から、
アパルトマン&メゾン探し番組が放送されるはずが、
突然新番組の放送が始まってびっくり。
人気シェフ、シリル・リニャックさんが
パリの自宅から生放送する、
外出禁止(制限)中の
フランス全土の国民と作る料理番組です。
その国民の中には有名人も含まれていまして。
画面に映っているのが左がシリルさん、
右上が司会者として知られる
ジェローム・アントニーさん、
右下がコメディアン、俳優、歌手の
マックス・ブーブリルさん。
右のお2人ももちろん
ご自宅のキッチンにいらっしゃいます。
ジェロームさんはパリから結構離れている
グラン・テスト地域圏のナンシー在住、
マックスさんはパリ在住。
スターはだいたいパリと思っていたけど、
ジェロームさんは普段ナンシーからパリのスタジオに、
通ってるのか、とちょっと新鮮情報。
さて第1回目の放送ですが、
かなりひっちゃかめっちゃかになっておりまして、
皆さん、シリルさんに追いつくのが
かなり大変そうでした。
そりゃそうですよね。突然決まった番組で、
しかもそれぞれが
ご自分の自宅からの生放送で、
料理が得意な人もいれば
あまり得意じゃない人もいる。
でもそこはフランス人。
文句言ったりふざけたり好き勝手しておりまして、
シリルさん皆をまとめ何とか
言う事?聞かせるのに必死。
IMG_4323 - コピー
面白いなと思ったのが、
ちょっとわかりづらいのですが、
シリルさんの使ってるナイフが
めちゃくちゃ小さいんです。
フランスの普通のお宅は皆さん結構、
こんな小さなナイフを使っていることが多くて、
切りにくくないのかな、
と日本人の私なんかは思うのですが。
プロの料理人であるシリルさんも、
自宅では小さいナイフで
手軽に作ってるんですねぇ。
IMG_4324 - コピー
シリルさんとジェロームさんは
毎回出てきますが、
もう1人のゲストは毎回変わって、
キッチンでパートナーや子供も手伝ったりするので、
普段の普通の雰囲気が伝わって楽しいんです。
料理も参考になるし
今夜も楽しみにしたいと思います。
IMG_4307
そしてもう1つ、音楽専門の9チャンネルで
先週水曜日の朝から始まったのが、
ラジオ番組「ブルーノ・ダン・ラ・ラディオ」を、
そのままラジオとTVで生放送する新番組?!
IMG_4405 - コピー
これもフランス全土の国民が
それぞれの自宅から参加していて、
有名人も毎日自宅から登場します。
で、この日のゲストは右下に映っておりますが。
IMG_4406 - コピー
私も大好き♪ フランスを代表するDJ
「マーティン・ソルヴェイグ」。
パリの17区の自宅からとのことで、
へぇ~17区なんだ、とこれまたちょっと新鮮。
17区はパリの北西で、
富裕層と庶民派が混ざった住宅街。
でも派手ではない印象で、マーティンさんっぽい。
ですが、曲はファンキーで
かなりすっとぼけております。
ということで今日はそんな
マーティン・ソルヴェイグの曲で、
終わらせていただきたいと思います。
フランス国民は今がんばって
「Restez à la maison」=家にいよう!
を実行中。
ではではまた元気に次回で~す!

…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ