パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

週末の独り言

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

海外に出るのは何か目的があるから。

というふうに考える人が日本にはまだ結構いらっしゃるかもしれません。

特に留学のイメージがあるかもしれません。

渡仏を決めた時、家族はとても心配して、普通は、音楽勉強のためとか、その国の言語を学びたいとか、ちゃんとした目的がある人が海外に行くもの。

と、私も言われました。

どうしてそう言われたかというと、私は音楽をやっていませんし、フランス語を学びたかったわけでもないですし、何の才能も特技もありませんし、もっと言うとフランスに住みたかったわけでもないからです。

ただとにかくどこか海外に住んでみたかったのです。

海外旅行をたくさんして、自分は本当に海外にいることが楽しい、なのでいつか旅行ではなく住んでみたい、可能なら永住したい。

そう思っていたのです。

最終的にどうしてパリになったかと言うと、このブログで何度か書いておりますが。

本当はポルトガルに住みたかったのですが、直行便がないので日本から一緒に連れていくチワワ坊やが乗り継ぎの時、貨物室になる可能性がある、と航空会社に言われたからです。

で、それは無理、と思い、直行便があって、わんこと住める部屋が他の国よりは見つけやすそうなパリにしたというわけです。

家族には、そういった考えが甘い、と言われました。

でも、甘くてもいい、とにかく住みたい、と思っていたので決心はまったく揺らぎませんでした。

で、住むためには、その時は語学留学しか方法が思いつかなかったので、しかたなく語学留学という形になったのです。

でもフランスに、パリに来てみると、音楽やデザイン、料理、フランス語の勉強のための留学の人がもちろんいたけど、ただフランスに住んでみたかったという、日本人も含めた世界中の外国人もた~くさんいました。

自分はあんなに大決心してパリに来たけど、外国の人は気軽に海外に住んでみているんだ、と知りました。

それも含め、パリに住んでみて、日本で当たり前だった習慣や考え方が、フランスではまったく違うことを知り、そしてフランス人と結婚してフランス人に囲まれ、さらにその違いを大きく感じております。

仕事の考え方、パートナーの形と考え方、子供、他人との付き合い方、セクシャリティ、心の在り方、定年退職後の考え方、人生の考え方。

とにかくまったく違います。

それが興味深いし、自分の生き方にも今大きく影響しております。

何より、フランスに来て、本当に良かったと心から思っております。

永住まで叶っているのが(先のことはわかりませんが)夢のようですが、何よりまず実行したからだと思っております。

そう言えば、うちのご近所さんの日本人カップルの奥さまも、ただ海外に住みたかったから来た、って言っていましたっけ。

こんな私たちのような人もフランスに、たぶん世界中に、たくさんいるのだと思います。

なので。

勉強が目的なのはもちろん素晴らしいことだけど、特に大きな目的がなくても海外に出てみたいなら出てみればいいんじゃないかな、と思います。

どんなに心配してもらったとしても、結局人生は誰のものでもなく自分のものです。

その人生は短いです。

あっちゅう間に時間は過ぎます年を重ねます。

そして、住んでみて、やっぱり日本の方が良い、って思えば帰ればいいし、残りたいけどそれが出来ない場合もあるだろうし、とにかく何が何でも海外に住み続けたいと思えば、そのために頑張る。

(仕事とかパートナー探しも含め)

実際、私がフランスで知り合った日本人たちも様々で。

半年で日本に帰る人もいたし、10年以上パリの学校に通っている人もいたし、フランスで結婚した人、パートナーと暮らしている人もいます。

それから1つ私が思っていること。

それは可能ならやはりなるべく早めに行動した方がさらに良いということ。

渡仏してきた時、私はもう若くはありませんでした。

それでも来て本当に良かったのですが、もしもっと若い時に海外に出ていたら、もっと早くにいろいろ知れたな、気づけたな、と思っております。

これは私が勝手に妄想することですが。

もし、私が若い時にフランスに来ていたら一からフランス料理を学んでみたかったし、スペイン、ポルトガルにも住んで料理を学びたかったです。

世界中を渡り歩いていろんな料理に出会い、食べたかったです。

でもそれも、もし、だったらの話。

今は、家で家族のために料理を作ったり、たまにビストロやレストランに行って美味しいものをいただくので十分楽しいで~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

この記事で書いている事実婚をしていて亡くなった旦那さまと、長年親交のあるムッシューと先週末、マルシェのポルトガルバーでたまたま席が隣同士になりました。

事実婚について考えさせられたパートナーの死
事実婚について考えさせられたパートナーの死②
彼女たちのその後。事実婚について考えさせられたパートナーの死

で、私たちも亡くなった旦那さまを知っていたので何となくその話になったのですが。

ムッシューは旦那さまとは幼馴染だそうで、事実婚カップル家族ととても親しい間柄。

でもお葬式には出席出来なかったそうです。

その理由を聞いて、ちょっとショックを受けた私たちです。

実は旦那さまが亡くなったのは4回めのワクチン接種が原因だったのだそう。

旦那さまは数年前にガンを患ったことがあったので、とにかくコロナが恐かったそう。

なのでワクチンを毎回早め早めに接種していたのですが、4回めを接種した後、体調がおかしくなり、1ヶ月も経たないうちに亡くなってしまったのだそう。

亡くなった1月はまだまだコロナ禍真っただ中。

それにワクチンが原因で亡くなったということがご近所に知れ渡るのも、避けたかったのかもしれません。

お葬式は近い親族のみでひっそり行われ、幼馴染のムッシューでさえ出席することが出来なかったそうなのです。

もう1つびっくりと言うか興味深いと思ったことは、少し前にやはりマルシェで偶然会った事実婚の奥さまと旦那さまの娘さん(事実婚奥さまとは親子関係ではない)は、ワクチンを一切接種していないそう。

ガンを患った旦那さまは積極的に接種していたけど、奥さまと娘さんの考えは逆だったのですね。

家族間でも、ワクチンの考え方が違っていて、それぞれで決める。

フランスらしいな、と感じました。

コロナで亡くなった女優の岡江久美子さんが乳ガンを経験していたことを後になって知り、ワクチンが出来た今だったら亡くなることはなかっただろうに、とずっと残念に思っていたけど。

ワクチンはやはり人間の身体に大きく影響するもの、強いもの。

そんなに簡単なものじゃない。

そんなことを改めて感じました。

亡くなった事実婚の旦那さまは海が好きで自分の船も持っているくらいでした。

しょっちゅう船でチュニジアに行っていて、うちの旦那も何度か誘われたことがあったけど、結局一緒に行くことはありませんでした。

私はチュニジアにずっと行きたかったので(2001年の9月に行く予定でしたがアメリカ同時多発テロが起きて行けませんでした)、行ってくればいいのに、ってよく言っていたのですけどね。

そんな海好きの旦那さまの遺骨は近々海に散骨されるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

前回は週末に行ったパリ郊外ブロカントをご紹介させていただきました。

5月のパリ郊外新緑ブロカント&購入したもの

今回はその後行った恒例日曜マルシェ記事でございます。

IMG_3783

まずはコーデはコチラ。

去年の夏の終わりに我が街衣類専門リサイクルショップで買ったモノプリのセーターに、デニム、シルバーの帽子。

そして白いスニーカーを合わせました。

セーターは身頃を前だけちょいとインしました。

これするだけで、新しい服じゃなくてもちょびっと今風になるので忘れちゃなりません。

IMG_3765

今、マロニエの花が真っ盛り。

日本にいた時は、東京青山にマロニエの並木があった印象だけど、花が咲いているのを見たことがあったかどうか。

でもここフランスでは街のあちこちにマロニエの並木があって、ああこれがマロニエなのね。 とやっとわかるようになりました。

パリっていうと何かマロニエのイメージ、ありますかねぇ。

IMG_3772

近々大規模工事が始める予定の土地の前を通りかかったら、ちょうど門が開いておりました。

工事のための作業が始まっているのかもしれません。

ちなみに。

3000㎡ちょっとの敷地に11軒の新築の家が建てられるようなんです。

IMG_3767

で、せっかく開いているので門のところからちょいと見学させていただきました。

IMG_3768

長年放置されていたようで、木々も花々も草も自然な森林地区状態。

IMG_3770

ここがあと何か月か後には、綺麗に整備され、新築の家が11軒建ちます。

どんな家が建つのでしょうか。

景観を壊さない、素敵な一角のなるといいなぁ。

IMG_3779

で、マルシェのポルトガルバーに到着で~す。

この日はメーデー(労働者の日)。

でも本当だったら祝日だけど日曜に重なってしまったので、祝日が1日減った残念メーデーなんです。

それでも皆さん、日曜メーデーを楽しんでいらっしゃいます。

IMG_3778

私たちも乾杯です。

実はいつも一杯目はカフェラテ飲みたい!

と家を出る時は思っているのだけど、ここに着いたらいつも忘れちゃう。

次回は忘れないようにしよう。

IMG_3774

日曜午前の乾杯でほろ酔い気分の後はマルシェでお買い物タイム。

楽しいお買い得品探しです。

IMG_3775

お花屋さんにはすずらんの花が並んでおります。

というのも、この日5月1日はメーデーですが&愛する人にミュゲ(すずらん)を贈る日でもあるのです。

この日ミュゲをもらった人には幸せが訪れるという言い伝えがあって、特に男性方がミュゲを買って持ち帰る姿を多く見かけます。

愛するパートナーに贈るのでしょう。

IMG_3777

すずらんって今の季節だけの本当に愛らしい花。

ほんのりとした優しい香りも良いです。

でも結構すぐ枯れてしまう儚い花。

そんなところが特別感があるかな。

私も欲しい。

でも家のお庭にミュゲが咲いているので、旦那に後でお庭のをあげるよ、って言われました。

ま、ぜんぜんそれでいいんですけどね。

なんかでもミュゲを持っていそいそ帰る人を見ると、いいな、って思うんですよ~。

IMG_3780

で、この日購入した食材がコチラ。

上から時計回りに、紫のアーティーチョーク6個で3ユーロ。

白アスパラガス2、90ユーロ。

フランボワーズ3パック3ユーロです。

全部超お買い得品です♪

紫アーティーチョークは我が家の大好物で、6個3ユーロってものすごい安いのですが。

白アスパラもフランボワーズもめっちゃ安かった~。

特にこの太くて立派な白アスパラが2、90ユーロって、もうなかなかないかも。

それに全部ちゃんと美味しかったのですよ。

本当にお買い得だった、って感じです。

なのでまた今週末行ったらチェックしたいと思いま~す!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

少し前に顔見知りの事実婚カップルの旦那さまが突然亡くなったことを書かせていただきました。

事実婚について考えさせられたパートナーの死
事実婚について考えさせられたパートナーの死②

で、先週末マルシェに行った時にちょっと驚いた出来事があったのです。

ポルトガルバーで旦那と2人でヴィーニョ・ヴェルデをいただいていると、見覚えのある女性が同じ年代と思われる女性と2人で通りがかったのです。

彼女も私に気が付いてすぐ立ち止まり、一緒にいた女性も私たちの方を見ました。

私が小さく手を振ると、2人は私たちの方へやってきました。

実は見覚えのある女性というのは、事実婚カップルで旦那さまを亡くした奥さまだったのです。

旦那も振り返り、4人でご挨拶。

奥さまは赤い皮ジャケットを着て黒のパンツと黒いサングラスのスタイリッシュな服装。

そして赤い口紅をつけていらっしゃって、以前の生き生きとした雰囲気で笑顔を浮かべていらっしゃいました。

一緒にいた女性は逆の雰囲気でナチュラルなゆったりとした服装で白髪のセミロング。

この方も長身でスレンダーでお綺麗。

そしてやはり笑顔を浮かべていらっしゃいました。

そのまま少し立ち話して、彼女たちは「良いイースターをね!」と言って帰っていきました。

それから旦那に、ああ、びっくりした!でも元気そうでとても安心した、と伝えました。

そして、お友達かしら?良かったね、と言うと。

亡くなった旦那さんの娘さんだよ、と旦那。

えっ!と私びっくり。

お友達ではなく、事実婚パートナ-の女性とそのパートナーの娘さん(女性とは親子ではない)だったのです。

娘さんはフランス中央部で結婚して暮らしているのですが、亡くなった自分の父親の家の片付けや売却のことがあるので、父親の家に2人で残っているのかもしれません。

年齢が近く見えたからお友達同士かと思った、と旦那に言うと。

奥さんの方はいつでも若々しい服装をしていて、娘さんはナチュラルなのでそう見えるかもだけど、結構年齢は違うはずだよ、と旦那。

奥さまは以前はキャビンアテンダントだったそうで、世界中を飛んでいたのだそう。

だからあんな風にキリっとしているんだ、と私納得。

そして、娘さんはたいぶ年齢の離れた旦那さまを数年前に病気で亡くし、お子さんもいらっしゃらないそう。

その2人がイースターの日に一緒にマルシェで買い物して、家に帰って一緒に過ごす。

それを聞いた時、さすがフランスだな、と思ったし、なんか感慨深いものがありました。

事実婚の奥さまはどんな気持ちで住み慣れた家を出て行くのだろう、と思っていたけど。

パートナーの娘さんと協力して片付けをして、次の一歩を踏み出すのでしょう。

いや、もう踏み出しているのかもしれません。

赤い皮ジャケットと赤い口紅にそんな気持ちが現れていたように思いました。

チャーミングな女性なのでまた素敵な恋が待っていることでしょう。

とにかく本当に安心したし嬉しい出来事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

前回は、旦那の顔見知り事実婚カップルの、突然亡くなった旦那さんと、その旦那さんの持ち家に住んでいて1人残されてしまった奥さんについて、感じたことを書きました。

事実婚について考えさせられたパートナーの死

その旦那さんの住まいは敷地が広く、一部を人に貸しておりました。

なので突然亡くなって、借りていた方は引っ越すことを考えかなり不安になったよう。

実はその方も、亡くなった旦那さん同様、旦那の知り合いなので、旦那が心配していたのです。

そうしたら話は一転。

地方に住む、亡くなった旦那さんの前の奥さんとの娘さんが、全部とにかく早く売却したいとのこと。

で、破格のお値段での売却を、借りていた方に提案してくれたのです。

離れた場所に住んでいる娘さんなので、今使ってくれてる人にその提案をするのが一番いいと思ったようです。

借りていた方は突然貸主さんが亡くなって、不安いっぱいだったのが今度は嬉しいオカジオン(チャンス)。

我が街は数年後にメトロが通るので、土地価格が上昇中。

買っておけば大きな財産にもなります。

なのでもちろん前向きに考えているようです。

そんなオカジオンなど一切考えていなかったから、そんなオカジオンがやってきてくれたのだろうな、と思います。

事の流れとは、そんなものではないでしょうか。

なので。

亡くなった旦那さんと残された奥さんに対しては何と言っていいのかわからないのですが、それとは別で。

その方にとっては良かったね、と、旦那も私も喜んでおります。

きっと数か月したら、その家も敷地からもあのカップルが暮らしていた形跡は消え、数年後には、以前住んでいた人のことは皆忘れていくのでしょう。

誰もが、そこでの暮らしも、人生もいつか必ず終わりがあるので、仕方のないことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ