パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

パリのパン屋さん&パティスリー

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰る、
マダム卑怯子さん。
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
ランキングで毎日2500前後の
ポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょう。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
R0017562 - コピーmoiです。
3度めロックダウン突入直前に歩いたパリでは、
シャンゼリゼのピエール・エルメ、ZARAなどで、
行列が出来ているのを見かけたのですが。
そんな中でひときわ大行列が出来ていたお店がありました。
R0017564 - コピー

1区の名門ホテル「ル・ムーリス」のシェフパティシエ、
セドリック・グロレさんの、
ホテルの一角にあるテイクアウト専門店、
「ラ・パティスリー・ドュ・ムーリス・パー・セドリック グロレ」です。
2018年のオープン以来、常に大人気のお店。
R0017565 - コピー
天才とも称されるセドリックさん、
代表的なお菓子は果物の形のケーキ。
私も一度いただいたことがありますが、
シンプルな見ためだけど繊細なお味でした。
この写ってるクグロフも、
めちゃくちゃ美味しそうでした~。
R0017583 - コピー
で、こちらは2区オペラ通りにあるセドリックさんの2号店。
ここも2019年にオープン以来大行列。
よくお店の前を通るのですが、
この日は特に長い行列となっておりました。
1号店2号店とも、観光客らしき方がかなりいたので、
ホテルに持ち帰っていただくのでしょうね。
R0017586 - コピー
この2号店ではケーキ以外にも、バゲットやクロワッサン、
フランスの菓子パン、ヴィエノワズリーも、
売っております。
少しお高めのようですが、
私もいつか行列が少なめの時に通ったら、
お試ししてみたいと思います。

【ル・ムーリス店】
住所・・・6 rue de Castiglione 1区
TEL・・・01 44 58 69 19
営業時間・・・火曜~日曜の11時から18時

【オペラ店】
住所・・・35 Avenue de l’Opera 2区
TEL・・・01 83 95 21 02
営業時間・・・月曜~土曜の8時半から19時
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
ランキングで毎日2500前後の
ポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょう。
この1ヶ月の間、私も含め多くの参加者が、
がんばって更新していました。
あなたが日本に帰って、更新しないで、
卑怯子手口だけ乱用し続けている間も。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
いや、何も感じていないのでしょう。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
R0017172 - コピーmoiです。
この記事で11区シャロンヌ通りの
名店の現在の様子をお伝えしました。
パリの名店は夜のテイクアウト準備で大忙し
シャロンヌ通りはこのお店だけじゃなく、
人気のカフェやビストロ、
おしゃれセレクトショップがひしめくカルティエ。
現在飲食店はテイクアウト&デリバリーのみですが、
どこも行列が出来ております。
そんな中に私のお気に入りの、
歴史ある老舗パン屋さん、
「ガナ(GANA)」もあるんです。
1934年にベルナール・ガナショーさんが創業。
1968年から昔ながらの薪で焼き上げる製法を取り入れ、
1979年にベルナールさんは、
M.O.F(フランス国家最優秀職人章)を受賞しました。
R0017173 - コピー

この時、もうすでに店舗がどんどこ増えているお店で、
パンを購入しておりましたが。
リピのオーガニックパン屋、ハイソな16区店
せっかくなので買っておくことにしました。
コロナ禍が続いているので、
またいつ気軽に来れるかわかりませんからね。
R0017252 - コピー
で、買ったのはバゲット・トラディション。
お値段をちょっと忘れちゃったのですが、
1ユーロちょっとだったかな。
このパン屋さんというと一番人気は、
「ラ・フリュート・ガナ」という細いパン。
でもすでに買っておいたパンが、
やはり細いタイプだったので、
今回はフランスの大定番をチョイスしてみました。
さてさてお味です。
普通に美味しいですが、やっぱりこのお店は、
ラ・フリュート・ガナだと思いました。
細いということは、
パリっと焼けた皮の部分が多めということ。
それでさらに美味しさとうまみが感じられるのですね。
今度寄ったら、やはりラ・フリュート・ガナ。
決まりです。
住所・・・92 Charonne 11区
TEL・・・09 82 49 00 15
営業・・・火曜~土曜
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
ランキングで毎日2500前後の
ポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょう。
この1ヶ月の間、私も含め多くの参加者が、
がんばって更新していました。
あなたが日本に帰って、更新しないで、
卑怯子手口だけ乱用し続けている間も。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
いや、何も感じていないのでしょう。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
R0017107 - コピーmoiです。
去年のクリスマスに寄ったギャラリーラァイエットで、
新しくオープンしていた、
BIO(オーガニック)のパン屋さん「シェ・ムニエ」。
パリに店舗が増えているパン屋シェ・ムニエは美味
現在オペラ地区のギャラリーラァイエットは、
コロナ対策のため休業中ですが。
この日散歩したエッフェルから、
遠くないカルティエに別店舗があるので、
寄ってきました。
場所はパリの西に位置する16区で、
富裕層が住む高級住宅街。
日本人駐在員たちが多く住む、
パッシー地区もこの16区。
危険が少なく比較的安心して歩ける地区として、
知られております。
R0017111 - コピー

16区店はギャラリーラァイエット店よりも、
ずっと広くて、イートインスペースもあります。
ただし今は店内での飲食は出来ません。
R0017109 - コピー
この時欲しかったのは、
プラリネロゼを使ったブリオッシュ・プラリネ。
プラリネロゼはリヨン名物で、
アーモンドにローズ色のカラメルをコーティングしたもの。
でも見渡してみても見当たらないので、
お店の方に聞いてみると。
この16区店では扱っていないのだそう。
あちゃ~、一番目的だったのに残念。
R0017110 - コピー
お菓子もいろいろ揃っておりますが、
まだ散歩の途中なので持ち歩くのは避けたい。
R0017246 - コピー
で、購入したのがコチラ。
右が前回買って美味しかった
バゲット・シリアル1、80ユーロと、
左がチョコチップ入りのブリッシュ3、80ユーロです。
お味ですが。バゲット・シリアルはやはり美味しい、
と思いました。
パリの有名パン屋のパンに、名前だけじゃない?
と厳しい旦那も、これは美味しいと満足。
このお店に行った時は我が家的には、
これはまず買っておきたいパン。
でもチョコチップ入りブリオッシュは、
普通?と思いました。
やっぱりブリオッシュ・プラリネをお試ししたい。
プラリネロゼが美味しくていいお仕事しますからね。
現在パリ市内に7店舗、パリ郊外に、
2店舗あるようですが。
自分にはギャラリーラァイエット店が便利なので、
再開したらそちらで購入しようと思います。

住所・・・150 avenue Victor Hugo 16区
TEL・・・01 43 59 24 04
営業時間・・・月~日、7時~20時半
HP・・・Chez Meunier
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます。
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと

 もっと料理と写真と文章力を学ぼうね。
と私に中傷コメントしてきた、
パリ在住ライターだと仰るマダム卑怯子さん。
11月7日に約1ヶ月ぶりに更新しましたが。
その1ヶ月間、更新をまったくしていないのに、
ランキングで毎日2500前後の
ポイント数が入る不思議。
去年の5月の帰国の時も同じでしたね。
そのほとんどが卑怯子ポイント、
ということになるのでしょう。
この1ヶ月の間、私も含め多くの参加者が、
がんばって更新していました。
あなたが日本に帰って、更新しないで、
卑怯子手口だけ乱用し続けている間も。
アメーバさんのブログでは今、
コメントを書き込む時、
「相手の気持ちに寄り添ったコメントに、
なっておりますか?」
と’いう文が表示されますよね。
これは大事なことだな、と私は思いました。

あなたは私に2度の中傷コメントをしてきましたが、
この表示についてはどう感じていますか。
いや、何も感じていないのでしょう。
私はこれからも、見てくださる方に
楽しみにしていただけるよう、
信頼していただけるよう、
フランスの楽しい記事、
残念な記事、率直な記事を、
毎日更新してまいります。

2020年11月09日
…………………………………………………………………
R0015576 - コピー
moiです。
大混雑だった師走のギャラリーラファイエット。
クリスマス直前オペラ地区は大混雑!
グルメ館をしっかり見るのは久しぶりだったのですが。
以前あったSadaharu AOKIがなくなっていたし、
結構お店が変わっていてびっくり。
その中で新しくオープンしていて興味を持ったのが、
「シェ・ムニエ(Chez Meunier)」。
BIO(オーガニック)のパン屋さんです。
R0015577 - コピー
ギャラリーラファイエットやプランタンなど、
このオペラ界隈で、私的には、
いいパン屋さんが見つけられていなかったのですよね。
なのでここが美味しかったらかなり便利だな、と。
R0015578 - コピー
後で調べてみたら、この「シェ・ムニエ」は、
MOF(国家最優秀職人章)のパン職人、
ティエリー・ムニエさんのお店。
パリ市内に現在8店舗あって郊外にも2店舗。
以前住んでいて今も大好きな19区にも、
開店しているよう。
わたくしは知りませんでしたが、
ここ数年で店舗が急激に増えたようです。
R0015580 - コピー
で、ほのかな期待を持ちつつ、
初購入してみることにしました。
R0015644 - コピー
買ってみたのがバゲット・シリアル1、80ユーロ。
さてさてお味は?
これが美味しかったのです♪
BIOのパンって安心だけど味はどうかな?と、
若干過ぎってしまうことがありますが。
これは大丈夫。
パリ市内のパン屋さんで買ってくるパンに、
いつも期待してない旦那も、
美味しい!と珍しく言っておりました。
パリ市内8店舗の中には、シャンゼリゼの、
ギャラリーラファイエット店もあるので本当に便利。
オペラかシャンゼリゼか19区に寄ったら、
またここでパンを買おうと思います!
HP・・・Chez Meunier
…………………………………………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日がんばって更新しております。
応援クリックしていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです。
宜しくお願いいたします!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

…………………………………………………………………
私も経験しましたが、
残念に感じたことを思ったままに書いております。
二度とこんなことがないようにと願っております。
批判・誹謗中傷・嫌がらせについて思うこと
※上記の記事に追記しております。
※上記の記事に追追記しております。

…………………………………………………………………
IMG_7894 - コピー
グルテンには別に問題ないわたくしなのですが。
そば粉とか米粉には興味があるので、
初訪問してみました。
グルテンフリーのパン屋さん、
「シャンベラン(Chambelland)」。
ヨーロッパにブリュッセルとパリ。
2店舗ある中のここは、
パリ11区店。下町の一角で
私は好きなカルティエの雰囲気。
IMG_7901 - コピー
店内はイートインもあって落ち着いた雰囲気。
お茶とパンやお菓子をいただくのにもいい感じです。
IMG_7902 - コピー
近所に住んでいたら、
グルテン関係なく利用したい、
リラックス出来る気軽な
おしゃれカフェといった感じです。
IMG_7899 - コピー
さてさてパン。
やはり普通のパン屋さんとは違う品揃え。
ど、どれを選べばいいのかまったくわからない。
ここは好みと直感しかありません。
IMG_7900 - コピー
キッシュやお菓子もありますが。
今回はまずパンをお試ししたいと思います。
IMG_8000 - コピー
ということで選んだのが、
「田舎パン(Pain du village moule)」と
「5種の穀物パン(Pain cing graine moule」。
さてさてお味は?
これがとても美味しかった♪
田舎パンは独特なモチモチ感と後引く味わい。
穀物パンは香ばしい香りで、
穀物の風味が全面に出ております。
2種とも旦那も、美味しい、と満足。
私は特に田舎パンが気に入りました。
これはグルテンとか関係なくリピしたいお味です。
2つで10ユーロ近くとちょっとお高いのですが。
ちょっと特別なパンが欲しい時にぴったり。
お菓子も一度お試ししたいな、と思いました。

住所・・・14 Rue Ternaux 11区
TEL・・・01 43 55 07 30
営業・・・毎日9時から19時
HP・・・Chambelland
…………………………………

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
お手数おかけいたしますがポチッとクリック応援していただけるととても嬉
しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

レシピブログに参加中♪

ありがとうございます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ