パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

フランスの不思議

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は0度、日中の最高気温予想は4度で、お天気は薄曇りとなっております。

1月後半に入ってそろそろ本当に、クリスマスの雰囲気が去ろうとしているフランスです。

毎年11月に入ると、TVではあちこちの局で似たようなストーリーのアメリカのクリスマスドラマがこれでもか、というくらい放送され、それが1月半ばまで続いたのですが。

今年は1月の最初の週で終わりました。

これは大きな変化です!

毎年ほんと、うんざりしていましたからねぇ。

それはそれとして。

フランスのクリスマスは煌びやかで美しいけれど、一方でとても残念なこともあります。

それはクリスマスツリーに使われた本物のモミの木たちのその後。

毎年600万本から700万本のモミの木が売られるそうですが、自分たちのクリスマス気分を盛り上げるために、自分たちがただ見て楽しむために使われたそのモミの木。

IMG_7157

それがクリスマス後、こんな風に無残に道に捨てられているのをたびたび見るからです。

IMG_7155

これなんかラッピングのペーパー付けたままで捨て去られております。

このフォトをした数日後の昨日、またここを通りましたが、このままでした。

IMG_7418

これは街中のゴミ箱のそばに捨てられております。

このゴミ袋を片付けるゴミ収集の方は、このモミの木は回収しないはず。

やはり昨日もここを通ったけど、このモミの木は回収されていませんでした。

ただいっとき飾るだけのために使われ、要らなくなったらそのへんに捨てる。

多くのモミの木がクリスマス用として農園で育てられているようですが、それにしてもめちゃくちゃエゴイストだな、と思います。

これは我が街だけじゃなく、パリ市内でも今の時期、道に捨てられたモミの木をよく見かけます。

IMG_7413

でも、今はこんな残念なことばかりではありません。

使った後のモミの木にセカンドライフを与えよう。

という「Offrez une seconde vie à votre sapin」というリサイクル事業がここ数年で浸透してきていて、我が街もこのように市が設置した数か所の収集ポイントがあります。

IMG_7415

これらのモミの木は、回収後、粉砕され、緑地を保護するために使われたり、土地の寿命を改善するために使われます。

また売れ残ったモミの木は、プラスチックなどで出来た飾りが一切残っていなくて安全なので、粉砕後、草食動物に与えられます。

モミの木は栄養価がかなり高いんだそうです。

ちなみに。

自然の中に捨てると最高で1500ユーロの罰金が課せられます。

捨てる輩からはどんどん罰金とって欲しいけど、夜中とかの人のいない時にこそっと捨てているのでしょうねぇ。

せっこいやっちゃなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

日本では今頃は、大晦日&お正月に向けての準備で忙しくしている方も多いと思います。

こちらフランスでは何と言ってもまずはクリスマスが1番大事。

なので年末年始は、シャンゼリゼでカウントダウンはあるけれど、一般的なフランス家庭では日本ほどには、お正月~!とはなりません。

お休みも1月1日だけで、2日からは普通の毎日に戻ります。

びっくりするくらいお正月にそっけないんです。

でも大晦日と元日はご馳走はいただきます。

いただくものの定番はまずは生牡蠣や海老などのシーフード。

それからクリスマスから引き続きで、フォアグラや七面鳥や鴨など。

最近はシャルキュトリー(加工肉食品)やチーズ、パスタなど様々なトリュフ風味の食品も、今の時期スーパーや食品店に並びます。

そんなフランスの今の時期の食事情なのですが、悪い輩はどこの国にもいるものです。

そんな高級食材を盗む泥棒たちが今の時期は大発生するというニュースがやっておりました。

その中でも特に多いのが、人の山に勝手に入って盗むトリュフ泥棒と、人の養殖場に忍び込んで盗む生牡蠣泥棒。

隠しカメラを取り付けたり見張りをしたり、いろいろと対策はしているようですが、なかなか有効な手立てがないようです。

で、ある牡蠣養殖業社さんが最近始めた対策がありまして、それは。

・これは盗まれた牡蠣であること。
・販売したのは牡蠣泥棒であること。
・なので自分のところにすぐ連絡ください。

これらの文面と共に住所と電話番号を小さなプラスチックのメモに書き記して、牡蠣の殻の中に忍ばせ、殻を閉め、狙われやすい出荷前の袋詰め生牡蠣の中に混ぜておくんだそう。

なるほどです。

フランスでは生牡蠣を買ったら、家で自分で開けることがほとんどなので、泥棒はメモが入ってることに気付かず売りさばくはず。

その後その対策が上手くいっているかどうかまでは、残念ながらニュースではやらなかったのですが。

盗人はとっちめなければなりません。

御用になってれば良いのですけどね。

IMG_7078

そんな牡蠣泥棒、高級食材泥棒が大発生の今ですが、我が家も年末年始のために生牡蠣を購入しました。

いつものドイツ系スーパー「リドル」で、牡蠣の名産地マレンヌ=オレオン産のI.G.Pマーク付き生牡蠣が12個入りで6、99ユーロです。

マレンヌ=オレロン産は、塩田地跡に作られた緑の藻類が豊富な浅瀬の海水地で熟成されるため、牡蠣の身が緑色になるのが特徴。

I.G.P(Indication Geographique Protegée)はEUの地理的保護呼称で、これがついていると信頼出来る食材。

すべてがとは言えないけど、マレンヌ=オレロン産生牡蠣、美味しいんですよ。

我が家は、旦那は生牡蠣が好きではないので、主にわたくしが独り占め出来る予定。

でもそれじゃああまりにもなんか私が欲張りみたいなので、旦那には加熱した牡蠣料理でも作ろうかな、と思っております。

加熱すれば2個くらいは食べれるんですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

前回の記事で恒例日曜マルシェをご紹介しましたが、その時ふと思ったことがあります。

マルシェのバーでヴァン・ショーを飲んでいた時に、目の前を老夫婦が通り過ぎたのですが。

旦那さんが大事そうに持っていたマルシェに行くのにぴったりなバスケットには、各店で買ったいくつかの食材が入っていて、2人はどことなく嬉しそうな満足そうな表情で、お互いの足取りに気をつけながら帰って行きました。

その姿を見た時、思いました。

きっとマルシェでの買い物が生活の楽しみなんだな。

そんな人たちを騙しちゃいけないな、と。

この時の記事で、とある魚屋さんの不正について書きました。

パリ郊外、とある魚屋さんの不正に気付く

この経験もですが、この記事でいただいたコメントでも、フランスは(も)不正・偽装が横行していることを改めて感じました。

コメントを少しご紹介させていただきますと、パリ在住YUKさんからのコメントでは。

「魚屋さんで海老を買ったら、頼んだ個数より多く入っていたり、高い方の海老の値段!!しかもK45ユーロ。頼んだのはK12ユーロくらい。マルシェの八百屋さんもありますよ。だからスーパー(LIDL)とか気兼ねなく買えるしスーパー愛用率がだんだん増えています。マルシェの雰囲気は最高なんですけどね」

フランス在住のかえるさんからのコメントでは。

「わたしも、野菜、肉、魚、果物、チーズ、フランスのあらゆる量り売りでごまかしているな、という場面に遭遇したことがあります。はじめはいちいち憤ってました。人に話すと、普通疑わないよ。わざわざ家で量るの?と笑い飛ばされたことも。それでも、おかしい、不正だ、不誠実だ、と思っております。テレビ番組でも取り上げられたことのある話題らしいです。観光客やフランス好きの人はやたらマルシェでお買い物がファッション視されていて流行っていますが、私は逆で新鮮なあまり腐りやすいし、高いし、ぼられるし、で近寄りません」

で、かえるさんがテレビ番組でも取り上げられたことがあると仰っておりますが、私もチラッと聞いたことがあったので、ちょっとネットでフランスのニュースをチェックしてみたのですが。

そしたら、いや~、フランスのマルシェの不正・偽装の記事や方法が出てくる出てくる。

読みながら、そう言えばあの時おかしかったな、なんてことも思い出しました。

まず旦那が気が付いた魚屋さんのハカリの不正ですが、これはとても多い不正方法のようです。

他にも、工場製または輸入品を農場産または自家製と偽ることも多いとのこと。

スペインやギリシャ、マグレブのオリーブオイルをプロヴァンスに運んできて、プロヴァンスでパッケージしてプロヴァンスのオリーブオイルとして売るのは、夏のバカンス地のマルシェでよくあること。

質の良さで知られるコルシカのシャルキュトリーは本物に似せた偽の認証スタンプを押して販売。

蜂蜜やチーズの不正もかなり多いようです。

食材だけじゃなく職人が作る手工芸品などもで、偽の刻印マークで誤魔化しているものがたくさんあるようです。

で、これらを見分ける方法は、たとえば食品店だったら、スタンドの裏にある食材が入っていた木箱やパッケージをチェックしてみること。

フランス産として売っているけど本当は輸入品で、スタンドでの表示とは違うことがしばしばあるようです。

実はこれ、我が家も夏のバカンス地のマルシェに行った時に旦那が気づいたことがあって、2人で苦笑いした思い出があるんです。

それから、EUが製品の品質を保証するA.O.P(原産地名称保護)、I.G.P(地理的表示保護)などの認証マークがついているかどうか。

フランスのスーパーコーナーで、私もよくA.O.Pマーク食材をご紹介させていただいております。

でももちろん、不正・偽装などしない誠実なお店もたくさんあると思います。

我が街で言えば、マルシェで一番人気の行列の出来るフランス総菜屋さんは、自家製表示がほとんどですが、食べてみればその美味しさで納得。

でも別のマルシェの総菜屋さんでは、この味、このマズさはどう考えても業務食品を調達してきて並べたものだな、と思うことがありました。

毎週行くマルシェのポルトガルバーは、つい最近ヴィーニョ・ヴェルデ(ポルトガルの微発泡ワイン)が1杯2、50ユーロに値上がりしたけど、長年2ユーロを通してくれました。

カフェも含め飲食代の高いフランスで、2ユーロでお酒を飲めるところはそう多くはないはずです。

なのでとにかく、自分なりによく見て、良心的なお店か、そうじゃないか、を見極めることが大事だな、と感じました。

これをきっかけに我が家も、これからはもっとしっかりチェックです。

日曜のマルシェで見かけた老夫婦が、私なんかが心配しなくてもちゃんとわかっていらっしゃっていて、良心的なお店でのみ購入なさっていると良いな、と願います。

12月の今、フランスはあちこちでマルシェ・ド・ノエル(クリスマス市)が開催されております。

ここでも不正・偽装が横行しているようで、我が街でもちょうど今開催されているのですが、行く場合は注意しなくちゃな、と思っております。

そう言えばマルシェ・ド・ノエルって、やたらシャルキュトリーや蜂蜜屋さん、チーズ屋さんが多いんですよねぇ…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今回は、とあるお魚屋さんのかなり残念な話です。

9月前半に行った南ブルターニュのヴァカンスからだいぶ経って、久しぶりにムール貝食べたいね、ってことになったのです。

で、旦那とお魚屋さんに寄ってムール貝を買ったのですが、その時に旦那がその魚屋さんの不正に気が付いたのです。

その一部始終をご説明させていただきます。

そこではムール貝が1㎏4、50ユーロでした。

そのムール貝を、パトロンである店主さんに、2㎏ください、とお願いしました。

その店主さんは、テキパキ、と言うか素早い動作でムール貝を袋に詰め出したのですが、この人、いつも威勢が良いし、作業しながら大きな声でよくしゃべっていてお客さんを笑わせたりするのです。

なので皆がその店主さんに注目して顔を見て話しを聞いて笑ったりしているのです。

その時も、とにかく調子がいいくらいしゃべっていて、可笑しなことを言って、私もくすっと笑っていたのですが。

旦那は違っていて、彼の作業の手元をずっと見ていたようなのです。

彼は最初にざっとムール貝を袋に詰めて、2台あるハカリのうちの1台(もう1台は別の店員さんが使っていた)に乗せると、それは4㎏以上あったのだそう。

ハカリはお客さんにも見えるので、旦那が確認したそう。

で、その時旦那は、あの量で4㎏以上は変だな、と過ったのだそう。

すると彼は袋からそれほど多くないムール貝を取り出し元に戻し、減らしたムール貝の袋を今度はもう1つあるハカリ(その時は2台とも空いていた)に乗せたそう。

この作業もやはり常に素早くやっていて、その間もとにかくよくしゃべり、私も含めた多くのお客さんの視線が彼の顔の方に向いていました。

で、もう1つのハカリで2回めに量ったムール貝はと言うと、それは私も見たのですが、2、1㎏ちょっとだったのを覚えております。

フランスではこんな風に、たとえばお魚でもお肉でも2㎏ください、とお願いして、だいたい2㎏前後であれば、お店の人が、これで(重さ)でいいですか?的に確認し、買う側も、それでいいです、という流れになります。

なので私たちもそれでいいです、と伝え購入し、お魚屋さんを後にしました。

なのですが、帰り道で旦那が言いました。

おそらくあの魚屋はズルをやっていると。

1台めのハカリで4㎏以上あったのに、そう多くはない量のムール貝を元に戻して、急に2㎏ちょっとになったのがおかしい。

それからムール貝を減らした後に量る時、ハカリは2台とも空いていたのに、わざわざ最初と違う方、しかも自分から遠い方に乗せたのもおかしい。

おそらく2台のハカリを調節していて、見ためは最初0g表示になっているけど本当はどちらもプラスになっているのだろう。

※最初マイナスと書きましたがプラスの間違いだったので修正しました。すみません。

しかも2台の調節数を変えていて、1台はかなり多めのプラスに、そしてもう1台は少なめプラスだろう、と。

フランスでは魚を買うと、切り身じゃない丸々1尾のものは、たとえ捌いてもらうなどの下処理をお願いしても、まずは1尾(または何尾かをまとめて)をそのままハカリにのせ、それがお値段になります。

その後下処理となります。

なので切り身になっていない魚はハカリに乗せた時と、下処理した後では当然重さがかなり違ってきます。

たとえ買ったお客さんが家に帰って、魚を量ってもバレません。

ただ、ここまでの話はおそらくの話。

なので家に帰って実際にムール貝を量ってみようという事になりました。

そして量ってみたら、1、953㎏。

なかなか微妙な数字ではありますが、やはり2、1㎏ありませんでした。

ハカリを約200g、誤魔化しているものと思われます。

そしてもう1台の方のハカリは、旦那が言うには、700gくらい誤魔化しているのではないか、と。

で、鯛などのお値段が高い魚や大きな魚を丸々1尾購入で、下処理をお願いされた魚などは、700g?誤魔化しているハカリにのせ、その後下処理をして渡しているのだろうと。

700gって相当の量です。これはかなり悪質です。

魚の種類だけじゃなく、きっとお客さんのことも見て、どちらのハカリを使うか判断しているのでしょう。

この時、旦那がその魚屋に払ったムール貝の金額は10、70ユーロだったのですが、本当の量の1、953㎏でざっと計算してみたら、その量だと本当は約8、80ユーロ。

2ユーロ弱、多く払っているということになります。

私たちの買ったものは1㎏4、50ユーロでまだ安い方だけど、高い魚介で700g?誤魔化しハカリの方を使われた時には、どれだけ多く払わされてしまうのか…。

IMG_6248

そのムール貝です。

モンサンミッシェル産ということですが、それも本当か?

と思ってしまいます…。

IMG_6251

でも買ってしまったので、いつも通りムールマリネにしました。

お味は、普通に美味しかったけど、やっぱりブルターニュのムール貝の方が新鮮でず~っと美味しいです。

で、我が家はもう2度と絶対にそのお魚屋さんでは買わないと決めました。

あの調子のいいおしゃべりは何かおかしいと思ったけど、そういうことだったのです。

少し前にチェーンのお寿司屋さんの虚偽が問題になりましたが。

今、日本ではお魚屋さん自体がぐぐんと減ったと思いますし、バレるとすぐネットで広まってお店がおしまいなので、こういうやり口はそれほどたくさんはないと予想します。

(裏では大企業も含めいろいろやっているところは多いと思いますが)

でもここはフランス。

大雑把だしクレーマーが日本のように多くないので、逆にこういうことがまかり通っているんだろうと思います。

でもちゃんと真面目で信頼出来るお店もたくさんあるはず。

これからはうんと気をつけて、そんな信頼出来るお店を見つけていきたいと改めて思いました。

ということで。

フランス在住の方はお店で、ちょっと怪しいな、と思ったら、お魚でもお肉でも野菜でも、買ってきたものを家で量ってみる事、大事だと思います。

その際はレシートをもらうのをどうぞお忘れなく!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

パリの語学学校は、フランス料理を学びにパリに来た日本人料理人さんたちがたくさんいました。

多くの場合、まず学生VISAでフランスに来て、学校に通いながら、レストランで修業する人が多いからです。

そんな中で出会ったのが、東京のフレンチレストランで働いていた女性料理人で、私は実際にはその東京のお店に行ったことはないのだけど、お店の前はよく通っていたので。

ええ!あそこで働いていたの?という話になりました。

それほどよくしゃべるタイプではなく、パリにいることに浮かれている感じも一切なく、真面目で。

そんなところに好感が持てる人でした。

その出会った頃に彼女がよく言っていたのが、パリがどうしても好きになれなくて、1日も早く日本に帰りたい。

でも料理修業のために来たし、親も応援しているので、がんばってパリにいる。

という事でした。

そこまでパリが好きじゃないという人に私は会ったことがなかったので、その言葉がとても印象に残りました。

彼女も含めた何人かで食事に行ったりもしたけど、その後、私はニースに移ったので、会うことがなくなりました。

なのですが、私がニースからパリに戻ってきてすぐ、パリの端っこカルティエのマックカフェで偶然、彼女と再会しました。

その時、彼女は、以前働いていたレストランを辞めつなぎで日本レストランで働いていて、その日これから新しいレストランに面接に行くところ。

私の方は、まだ住む場所が見つかっていなくて、安ホテルに宿泊しながら、マックでアパルトマン探しをネットでしていたところ。

で、1年以上ぶりにあって時間があったのでいろいろ話したのですが、その時に彼女が話していた事が、またまた印象的だったのです。

それは、今は日本のレストランで働くよりフランスのレストランの方が気持ちがラクになったという事。

理由は、フランスのレストランは全体責任がなく、たとえば自分が前菜を担当していれば、その前菜で何か問題があった時はもちろん自分の責任になる。

でもメインやデザートに問題があれば、その責任はそれぞれの担当者の責任で、他の人はまったく関係ないのだそう。

日本で働いていた時は、料理に何か問題があれば全員の責任になるので、いつでもまったく気が抜けなかったのだそう。

シェフオーナーはとてもいい人だったけど、正直、朝起きた時、気が重くて仕事に行くのがいやで辞めてしまいたい、と何度も思ったことがあったそう。

でもフランスでは仕事に行きたくないという日がなく、今はすぐに日本に帰りたいという気持ちはなくなったとの事。

以前は、あんなに日本に帰りたいと言っていた彼女の心境の変化が、とても興味深かったのですよね。

そして、日本のレストランとフランスのレストランの責任の違いも、やはり興味深かったのです。

全体責任って、なんか日本に今だに残る精神論と共通するものがあるように感じるのですが、正直、私は昔からそういうのが超苦手。

なので彼女のその気持ちが、なんかちょっとわかるような気がしました。

で、お互い、レストランの面接が上手くいくといいね、アパルトマンが’見つかるといいね。

と話して、再会を約束して別れたのです。

そして、彼女は無事、レストランの面接をパスし、私もアパルトマンが見つかり、少し経ってから再会しました。

場所は彼女が働くそのレストランで、予約が必要な人気店。

共通の知り合い3人で食事に行きました。

オーナーシェフさんが特別にサービスをしてくださって、彼女の作ったスペシャル盛り合わせデザートもいただいて、とても良くしていただき、美味しく楽しい時間を過ごしました。

それから1、2度会ったと思うのですが。

共通の友人の近況を話したり、シェフさんは(彼女の働いているレストランの)たまにイライラが爆発するので、その時は気を遣う、と話していたり。

いつかは日本に帰って、お店を持ちたい、なんてことも言っていました。

その後のことはわからないのですが。

夢を実現しているかな。

それとも、腕が良くて信頼される人だったと思うので、フランスのどこかのお店に引き留められているかな。

なんて思ったりしております。

彼女のように、日本でもフランスでも(海外でも)経験を積んだ人が日本に帰って、仕事スタイルも含めフランスの良いところも、そしてもちろん日本の良いところも含め、経験を伝えていくのは、とても大事なことだな、と思います。

それが、これからの日本に大きなプラスになっていくんじゃないかな、と。

海外に出てみた1人として、今、思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ