パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

スーパーマーケット「リドル」の食材と店舗

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は16度、最高気温予想は23度で、お天気は曇りのち晴れとなっております。

フランスのスーパーコーナーです。

今回の食材はドイツ系スーパー「リドル」とフランス系スーパー「カルフール」。

IMG_9502

買ったのはコチラ。

IMG_9503

まずはリドルの食材からで生イースト1個0、49ユーロ。

リドルで初めて見た生イースト。

最近粉ものをよく作るようになったのでお試しです。

もう少し上達したら天然酵母に挑戦したいですが、まだまだ初級者なのでお手軽イーストで訓練訓練。

IMG_9504

イタリア食材でニンニクのマリネ1、99ユーロ。

カリコリ美味しくて、しかも食べても恐ろしいニンニク臭が口に残らないので我が家のお気に入り。

今日もおつまみにいただきました。

IMG_9506

BIO(オーガニック)のオート麦ミルク1、60ユーロ。

しょっちゅう書いておりますが、我が家はお料理やお菓子以外に牛乳は使わなくて、飲むのはもっぱら植物性ミルク。

長年、フランスでも手軽に買える豆乳を買っておりましたが、最近はこのオート麦ミルクがお気に入り。

お菓子にも豆乳より合う場合がよくあるな、と感じます。

豆乳だと微妙な味になることがたまに(よく?)あるのは否めない…。

フランスはベジタリアンが多いので植物性ミルクが結構豊富に揃っているのが嬉すぃ。

IMG_9505

トマト&ミント入りのタブレ1、96ユーロ。

タブレは元々は中東のひきわり小麦ブルグルを使ったサラダですが、フランスではクスクス(スムール粒)を使ったタブレもポピュラー。

旦那が久しぶりに食べたいというので購入。

我が家は、我が街マルシェのフランス総菜屋さんの超美味しいタブレを再現したものが定番ですが、最近作っていなかったので食べたかった模様。

このタブレがイマイチだったらマルシェタブレ作りましょう。

IMG_9508

トウモロコシ1、79ユーロ。
我が家のバーベキューに欠かせないもろこしちゃん。

お醤油をつけながら焼く日本式の焼きトウモロコシは私以上に旦那のお気に入り。

焦げた醤油の香ばしさがたまらないらしい。

わかってるじゃないか我が家のフランス男。

しかし私と暮らすまでアルデンテを知らなかった男です。

IMG_9509

アーティーチョーク1個0、99ユーロ。

特売でしたが葉が開いていなくてずっしり重くて品質が悪くなかったので購入。

葉が開き気味のものは古い場合が多く、マルシェでも安売りになっているのはだいたい葉が開き気味なことが多いんですよね。

昔、まだ日本に住んでいてフィレンツェを旅した時、リストランテで初めてアーティーチョークを食べ、独特な食感が何とも美味しくて、何じゃこりゃ、と思ったものです。

その時、ワインも一緒にいただいていたのですが、お隣のイタリア人ムッシューが、私がワインを飲むたびに涙を流すくらい笑っていたのが今も思い出されます。

もう20代後半だったのですが、未成年がワインを飲んでるように(気取って?)見えたらしいです。

アジア女性あるあるです。

IMG_9510

キュウリ1本0、69ユーロ。

日本のキュウリは好きなのですが、フランスのデカくて中が水っぽくて大味なキュウリはあまり好きじゃないありません。

でも旦那がキュウリが食べたいと言うのでお買い上げ。

料理するのは結局私なんですけどね~。

IMG_9511

ここからはカルフールでして、我が家の定番のBIOの鶏ブイヨン2、25ユーロ。

以前はスープでもシチューでもグラタンでも、味が足らなければブイヨンってしてたのですが、ある時あるフランスのビストロで、お肉のソースがやたら市販のブイヨンの味がきつくて気持ちが悪くなったことがあります。

以来、使うのが最低限になりました。

BIOでも独特な味があるので、風味が足らない時のみ最低限の量を使っております。

IMG_9513

これも我が家の定番のオレンジとハーブのリキュール、アマリュス7、75ユーロ。

北フランス中心に好まれて飲まれているビエール・アメール。

本物は「アメールピコン(Amer PICON)」にビールを混ぜますが、アマリュスはアメールピコンのマネマネ商品。

アメールピコンが11ユーロ以上するのでだいぶお値段が安くなるんですよね。

でもお味はそれほど変わらないので、我が家はこれで十分。

少し前にフランス系スーパー「オーシャン」でやはりアメールピコンのマネマネ商品を買ったことがあるのですが、それはお味が激しく違って不味かったです。

マネマネ商品でも本物に近いお味と違うお味があるので注意が必要だな、と思いました。

ということで今回は以上となります。

フランスは7月だというのに先週も、そして今週も肌寒予想。

かと思えばスペインやイタリア、ギリシャ、日本、アメリカなどは猛暑で異常気象が続いておりますね。

地球はどんどこどんどこおかしくなる一方。

あと10年、じゃなくて5年、いや3年したら、さらにものすんごいことになっているような気がしております…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は17度、最高気温は28度で、お天気は晴れとなっております。

久しぶりのフランスのスーパーコーナーでして、今回はドイツ系スーパー「リドル」とアジアンスーパーの食材でして、我が家の定番中心のご紹介となります。

IMG_9402

買ったのは、コチラ。

IMG_9405

まずはリドルからでして、種抜きのグリーンオリーブの瓶詰1、01ユーロ。

種抜きじゃない黒オリーブの缶詰0、72ユーロ。

どちらもシンプルなお味なので、このままおつまみにはもちろん、お料理に使ってもグッド。

トマト煮やタブレに使うととても良いお仕事してくれるんですよねぇ。

IMG_9406

BIO(オーガニック)のきび砂糖1、66ユーロ。

我が家はお料理もお菓子も基本的にはきび砂糖を使います。

お菓子の場合、最初は白いホイップクリームなんかには色的にどうかな、なんて思ったけど、使ってみたら色が変わらずまったく問題なし。

風味も甘味も自然で身体にも優しいお菓子が出来るように感じます。

IMG_9404

イタリアのハムで14ヶ月熟成のプロシュート・クルード1、99ユーロ。

もう少しお高めプロシュートもリドルにありますが、ピッツァなどにのっけていただく場合は、このお手頃価格の方で十分。

でも14か月熟成なので、このままいただいてもなかなかのお味です。

IMG_9409

クロックムッシュー用のスライスチーズ1、09ユーロ。

スライスチーズが冷蔵庫にあると、パンにハンバーグにカレーにと気軽にのせて使えて便利。

熟成させたフランスのにおいの強いチーズも好きだけど、クセのないスライスチーズもこれはこれで好きです。

IMG_9407

BIOの卵10個入り3、39ユーロ。

6個入りも売っていますが、お菓子を作るようになった最近は卵の消費が以前より早めなので、10個入りチョイス。

コレストロールの多い卵の食べ過ぎは身体に良くない、と言われていたけど、体内のコレストロールは一定に保たれるしくみなので、現在は、卵食べ過ぎ良くない説は根拠が十分じゃないと言われているようですね。

それでもやはり何でも食べ過ぎは良くないので、10個を使い切るのは2週間くらいかけて。

早めになくなったら、次まで卵なしで通します。

IMG_9410

BIOのレモン1、49ユーロ。

レモン大好きで皮も全部使うので必ずBIOチョイス。

実も皮も使った後は、チワワ娘のメメリリがおトイレシーツにピピ(おしっこ)した時に、シーツからもれちゃうことがあるので、その際の臭い消しお掃除に使います。

たまにシーツの端っこ近くでピピして、そうなっちゃうんですよね。

でも本人はちゃんとシーツでしていて、本当にいい子です♡

IMG_9403

クロワッサン1個0、45ユーロ。

リドルのパンは当たり外れがありますが、クロワッサンはこのお値段のわりに悪くないので我が家の大定番。

買ったその日にいただくのが1番ですが、翌日になったらオーブンで軽く焼き直せばOK。

チーズとハムのサンドイッチにしても美味しいです。

IMG_9408

これは定番食材ではないのですが、30%引きになっていたので買ったBIOのバニラスティック2、10ユーロ。

本物バニラを使うとやはり風味がぐぐんとアップするんですよね。

IMG_9411

ここからはアジアンスーパー食材でして、S&Bのファミリーサイズのわさび2、95ユーロ。

わさび大好きなわたくしなので、冷蔵庫に必ずないとなんです。

しかも最近、この本わさび入りが販売されるようになったのですが、本わさびが入っているのと入っていないのとではお味がぜんぜん違うんです。

もっと違くて残念なのは、フランスのスーパーで売っている日本製じゃないわさび。

色が鮮やか過ぎる緑だったり、やけに硬かったりやけに辛かったり、なんていうのもあって、なんちゃってわさびなんですよね。

なのでこの本わさび入りが買えるようになって本当に嬉しいんです。

IMG_9412

生麺2、99ユーロ。

日本スタイルの麺類をよくいただく我が家。

スープはローストチキンの残り鶏ガラでとって何とかそれ風のお味にするのですが、美味しい中華麺がなかなかなくて、乾麺で作っていました。

で、ある時この生麺を試してみたら乾麺よりは良かったので、最近は生麺もよく買っております。

3種類くらいの太さがありますが、私は細麺が好きなので細麺チョイス。

でも味噌ラーメンは太麺も美味しいので、味噌の時は太麺にトライしてみようと思います。

IMG_9413

大袋の春雨2、45ユーロ。

食べ過ぎてお腹のぷるぷるが気になった時に麺料理を作る場合は、麺を減らして春雨でかさまし作戦の我が家。

なので必ず常備。

カルフールやたまにリドルでも春雨が売っていますが、アジアンスーパーのこの春雨は1番細くて、それがいいんです。

かさまし作戦以外にも定番の春雨サラダにするのも大好き。

具材にキュウリと錦糸卵は欠かせません!

ということで、今回は以上となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は13度、最高気温は24度で、お天気は晴れとなっております。

フランスのスーパーコーナーでして、今回はちょっと高級感のあるフランス系スーパー「グラン・フレ」と格安スーパーのドイツ系「リドル」、そしてフランス系「カルフール」です。

我が家はグラン・フレにはこんな感じで ↓ 2、3ヶ月に1度くらいの割合で行きます。

5ヶ月半前→ちょっと高級感。フランスのスーパー、グラン・フレの食材
3ヶ月半前→グラン・フレのバゲットの感想とお買い得あれこれ

普段の食材はリドルやアルディで十分なのですが、たまにグラン・フレに行って、こんなのあるね、って旦那と2人で話しながら見て楽しんでおります。

でも1度くらいはお値段を気にせず、カートにあれこれ欲しいもの入れてみたいなぁ。

IMG_8321

ということで、買ったものはコチラです。

IMG_8323

まずはグラン・フレの食材からでして、I.G.Pマーク付きのマレンヌ=オレロン産生牡蠣12個入り6、99ユーロ。

I.G.P(Indication Géographique Protégée)はEUの地理的保護呼称で、これがついていると信頼出来る証し。

しかも牡蠣の有名生産地のマレンヌ=オレロン産。

もういただきましたが、旦那は生牡蠣が好きじゃないので独り占めで12個食べちゃいました。

美味しかったし量的にも大満足。

IMG_8324

もやし1㎏1、50ユーロ。

この大袋タイプと1食分の小袋タイプがあって、1㎏はいくら何でも多過ぎと私は思ったのですが、大袋の方がお得だと旦那が言うので、仕方なく1㎏~。

でも、肉野菜炒めやもやしラーメン、ナムルにしたら結構すぐ食べ切れました。

特に久しぶりの肉野菜炒め(町中華風)、めちゃくちゃ美味しかった~。

子供の頃の近所の中華屋さん(名前はみさき食堂)を思い出しましたよ。

なのでもやし買う時はまたこの大袋で良いかも、と思いました。

それにしても、もやしはフランスでもお安いで~す。

IMG_8325

ここからはリドルでBIO(オーガニック)のココアパウダー2、19ユーロ。

お菓子作り用に購入しましたが、たまのミルクココアも良いかな、なんて思っております。

若い時はニキビが出るのがいやでココアは一切飲まなかったのですが、今は何を食べてもまったく出ないお年頃になりました。あは。

IMG_8326

ピーカンナッツ3、99ユーロ。

くるみは大好きですが、ピーカンナッツはもっと好き。

くるみより苦みがなくて歯触りも軽いんですよね。

これもお菓子作り用に買いましたが、お菓子に使う前につまんでなくなってしまうかもしれません。

IMG_8327

BIOのハーブエッセンスオイル3種セット6ユーロ。

ハーブエッセンスオイルがBIOでこのお値段、さすがリドル超お買い得!

我が家ではアロマバーナーに使ったり、アイロンをかける時の霧吹きのお水に混ぜて使っております。

IMG_8330

ローズの香りのハンドクリーム1本1、08ユーロ。

定番だったリドルのラベンダー&アーモンドの香りのハンドクリームがなくなってしまい、残念と思っていたらローズの香りで復活。

ラベンダーが特に気に入っていましたがローズもなかなかグッド。

IMG_8334

BIOのフェイスパック1袋1、50ユーロ。

いろいろフェイスパックはお試ししてみたのですが、結局いつも使っていたこのBIOのに戻りました。

1週間に2回、ネットをしながらとかTVを観ながら30分くらい顔に貼っております~。

IMG_8332

これだけカルフールでBIOの粉末タイプのフォン・ド・ヴォー3、25ユーロ。

鶏、牛、野菜のBIOブイヨンは常備していますが、ヴォー(仔牛)のブイヨンはなかったので購入。

基本的にはいつも鶏ガラだしやクズ野菜で作った自家製ブイヨンを使っているのですが、コクがもうちょっと欲しいな、の時に市販ブイヨンを足しております。

仔牛のブイヨンは赤ワインソースや赤ワイン煮込みなどに使うとコクが出るようなので、それらにお試ししたいと思います。

今回は以上となります。

それでは引き続き良い週末を~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は10度、最高気温は18度で、お天気は雨のち晴れとなりました。

フランスのスーパーコーナーでして、今回はドイツ系スーパー「アルディ」と「リドル」、そしてフランス系スーパーの「オーシャン」です。

アルディとリドルでは、この週のお買い得食材の中で欲しいものがあり、無事ゲット。

そしてオーシャンでは、アルディとリドルでは売っていなくて必要なものを買ってまいりました。

メーカー商品やちょっとスペシャルな食材となると、オーシャンやカルフールが便利なんですよね。

IMG_8613

で、買ったのはコチラ。

IMG_8617

まずはアルディ食材からご紹介でして、グリーンアスパラガス500グラムで2、99ユーロ。

今が旬のアスパラガスは、ここのところ白アスパラばかり買っておりましたが、もう何度かいただけたので、今度はグリーンアスパラ。

フランスは白アスパラはもちろん、グリーンアスパラも結構なお値段で、しかも日本と違って基本的には今の時期にしか出回らないので、少しでもお安くなっていたら狙いめ。

で、この週はアルディでグリーンアスパラがお買い得旬食材だったので、狙っておりました~。

もういただきましたが、しゃきしゃきでほんのりの苦みも良くて美味しかったです♪

なのでまたお買い得な時に買いたいです。

IMG_8618

これも狙っていたもので、ブルーベリーの野生種のミルティーユ500グラム入り3、99ユーロ。

大好物のミルティーユをしばらく食べていなかったのですが、アルディでお買い得で出るのを知り、久しぶりに食べたくなってゲット。

このままでも美味しくてついつい食べちゃいますが、たっぷり500グラムなので、お菓子にも使おうと思っております。

IMG_8619

これも欲しかったもので、瓶詰シャテーヌ(栗の1種)2、39ユーロ。

ほんのり甘いシャテーヌは、フランスではお肉料理と合わせるのが定番。

お菓子にももちろんグッドなので、常備しておくと便利。

IMG_8620

アルディのグルメ食材「ペイ・グルマン」シリーズのリエット1、39ユーロ。

リエットは豚の塊肉とラード、塩をお肉がほぐれるくらいまでよく煮てペースト状にした1品。

お肉がコンビーフのように繊維状になっているのが特徴です。

旦那がパテ・ド・カンパーニュとこのリエットが大好きなので、たまにどちらも買います。

でも1番美味しのは、旦那のパパさんの作った手作りパテ。

なので私もいつか手作り挑戦、と思っているのですが、かれこれ10年くらい経ってしまいました。

豚肉のいろんな部位を揃えなくてはならないのがちと手間なんですよね。

IMG_8614

ここからはリドルでして、リピのペリゴールの黒豚の生ハム2、79ユーロ。

気に入って1年くらい前まではよく買っていたこの生ハム。

でも飽きてきたので、しばらく買うのをやめていたし、リドルの店頭にも出てなかったのです。

そしたら久しぶりにまた復活していたので、買ってみました。

でも今あまりシャルキュトリーを食べなくて、お正月用に買ったものもまだ残っているので、これも冷蔵庫に常備しておこうと思います。

IMG_8615

黒米2、19ユーロ。

旦那がいつの間にかカートに入れていました。

私が喜ぶと思ったようです。

でも同じくリドルで買った黒米が家に2袋あったのです。

でも、ここで文句を言っちゃいけません。

私が喜ぶと思ったのだから、ありがとうで~す。

IMG_8616

30%引きのテキサス風メキシカンマリネのスペイン産豚肉のロモ(ロース)1、63ユーロ。

そろそろバーベキューの季節なので、焼くだけのお肉は便利だし、お安いのでゲット。

家に帰ってきて小分けにして冷凍しました。

いただく時は前日からさらにマリネ液に漬けると、柔らかくなって、このまま焼くよりぐぐんと美味しくなります。

IMG_8621

そしてオーシャンでBIO(オーガニック)の強力粉1、17ユーロ。

最近は総菜の皮や生地など、家で作れそうなものは作るようになりました。

というのも、賞味期限が近い薄力粉を使っちゃわなくちゃだったからなんです。

そしたら、コツさえつかめば思っていたよりは難しくなくて(1度めは失敗も結構ありますが)美味しいし、しかも買うよりずっとお安いことに改めて気づきました。

で、薄力粉だけじゃなく、たまに強力粉も必要。

でもリドルでもアルディでも、薄力粉は売っているけど強力粉は売っていないので、これだけオーシャンというわけです。

ちょっとスペシャルな食材やメーカー品となると、ディスカウントスーパーのアルディやリドルではなく、オーシャンやカルフールがやっぱり便利なんですよねぇ。

ということで、今回のお買い物は以上となります。

それでは週の始まりですが、皆様の最初の1日が良い日になりますように。

ではでは~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの気温は朝は5度、最高気温予想は14度で、お天気は曇りとなっております。

今年のパリの4月は肌寒~い4月となっております。

なのでまだしっかり冬服。

フランスは、パリは、季節感おしゃれ感よりも自分の体感温度で服を着ます。

4月でも5月でも寒けりゃ冬服でもぜんぜんOKなので、そこんとこほんとラクチン。

TVや映画に出ている有名人たちは季節の服を着てますけどね。

ということで、フランスのスーパーコーナーでございます。

今回ご紹介食材はドイツ系スーパー「リドル」と最後の1つだけフランス系スーパー「カルフール」。

リドルでは前もってネットでチェックして狙っていた旬食材がありました。

で、まだあるかなあるかな、と思いながらレッツゴー!

IMG_8480

買ったのはコチラ。

IMG_8482

先ずはリドルで狙っていた旬食材で、I.G.Pマーク付きの白アスパラガス3、99ユーロ。ありました♪

I.G.P(Indication Géographique Protégée)はEUの地理的保護呼称で、これがついていると信頼出来る証し。

旬が始まった今の時期、3、99ユーロでIGPマーク付きのものはなかなか買えません。

去年もリドルでこのIGPマーク付きのをお買い得の時に買ったら、とても美味しかったので、今年もお買い得で売り出されたら即買おう!と決めていたのです。

でも売り出されてすぐの出たてが大事。

なぜかと言うと、この後どんどん白アスパラが細くなっていったのです。

なので今年も出たての旬狙い。

で、もういただいたのですが、今年白アパラガスを買うのは3度めでしたが、いや~、このリドルのが、今年は今までで1番美味しかったです~。

その前の2回も美味しかったけど、さすがI.G.P。

むいた皮も我が家流のスープにするのですが、それまた美味。

なので、実はこの後徒歩で行ける近くのリドルにまた行って、リピ買いしてまいりました。

美味しい白アスパラってのは期間限定だし3、99ユーロなので、これは本当にお得だと思います。

でも旦那が、また白アスパラ~?と言うので、何か問題でも?とビシッと言っときます。

IMG_8484

アミューズ・ブーシュ30個入りで2、99ユーロ。

1ヶ月前にイースター用にリドルのグルメ食材「デュリュクス」シリーズのアミューズ・ブーシュを買ったら、オーブンで焼くだけだし、意外にイケたのでリピです。

でもこちらは「トック・デュ・シェフ(シェフの帽子)」というまた別のシリーズ。

でも内容はほとんど一緒。

まだお試ししていないのですが、味がどこまで違うのかな、と思っております。

IMG_8486

フランス北部のチーズでA.O.Pマーク付きのカール・マロワル2、31ユーロ。

A.O.P(Appéllation d’Origine Protégée)マーク付きで、これはEUの原産地保護呼称で信頼出来る証し。

同じメーカーで作られている、これと中身がまったく同じものが、ドイツ系スーパー「アルディ」でも売っていることをこの記事でお伝えいたしました。

スーパーのフランス食品メーカーのカラクリ例カール・マロワル

気に入っているチーズだしお値段も同じなので、どちらで買ってもなんの問題もありません。

で、このチーズは何と言っても、冷蔵庫で賞味期限近くまで熟成させるのが大事。

においがどんどん納豆っぽくなっていって、それがたまらないんです。

我が家はこのチーズがほんと大好き。

なので2箱買いです。

IMG_8485

BIO(オーガニック)のエメンタールチーズのラぺ1、99ユーロ。

BIOなのにこのお値段なのでタルティーヌ(パンに何か塗ったり具をのせて焼いたもの)やグラタンに気軽に使えます。

IMG_8487

BIOのカレー粉&黒胡椒どちらも1、49ユーロ。

我が家はどちらもじゃんじゃか使うので、結構あっちゅう間になくなります。

IMG_8489

BIOのサツマイモ2、49ユーロ。

しょっちゅう説明させていただいておりますが、わんこたちのおやつ&人間も残りを少しいただきます。

この出来事が頭のどこかに残っているせいか、私はあまりさつまいもやかぼちゃ類をたくさんはいただかない方です。

大きなおならと小さな仕返し

IMG_8490

BIOのレモン1、99ユーロ。

我が家はレモンの皮も使うのでいつもBIOチョイス。

今お菓子作りを適度に楽しんでいるので(失敗もあるが)、今回は皮はお菓子に使ってみようかな、と思っております。

IMG_8491

そしてこれだけカルフールでハーブのディルとシブレットで、1束だと0、99ユーロですが2束買うとお得になって1、50ユーロ。

このまま水にさして冷蔵庫に入れておけば1週間は軽くもちます。

ディルはうさっちのおやつにもグッドだし、シブレットはほぼあさつきと同じ風味なので(シブレットの変種があさつき)、和食にも洋食にも便利。

昨日のランチはおそば&天ぷらで、ざるそばにシブレット使ったけど、めちゃめちゃ美味しかったです♪

じゃ、今回は以上となりま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ