パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

おしゃれ

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は8度、最高気温は11度で、お天気は曇りとなっております。

パリで一番有名?なセレクトショップと言えば2009年オープンのマレ地区にある「Merci(メルシー)」。

ちょうど近くでランチの予定だったので久しぶりに寄ってまいりました。

IMG_1089

ショップ前にある赤いフィアットはお店の名物。

パリに来たことがある方ならMerciの文字を見なくても、この入口と車の絵柄でわかる方が多いと思います。

IMG_1091

衣服やアクセサリー、バッグ、靴、インテリア雑貨など、さっすがおしゃれなものがいっぱい。

IMG_1093

Merciと言えばこのトートバッグも人気。

色も大きさもいろいろと揃っております。

IMG_1095

秋の今はニット系がとても充実していて可愛いのがた~くさんありました。

パリのショップって春夏物はカラフルな色が揃っていても、秋冬物になるといきなり暗い色ばかりになってしまうことが多いのですが、ここはそんなことはなくて明るい色の物もたくさん。

IMG_1098

まるで春物のような優しいパステルカラーのブラウスもありました。

IMG_1096

でもお値段はかなりお高め。

たとえば可愛いな、と思ったセーターは280ユーロ(今日の換算だと日本円で44,807円ちょっと)でした。

とてもじゃないけど一般庶民が買えるお値段ではありません。

そんなことを思っている側で聞こえてくるのは、フランス語よりも英語や中国語、日本語などの外国語。

この時はほとんどが外国人観光客のようでした。

なのでスタッフさんたちは英語対応もバッチリ。

(若干巻き舌が激しい方もいらっしゃいました)

IMG_1099

もちろんフランス人のお客さまもいるでしょうが、日本の情報で紹介されているほどにはフランス人っておしゃれにこだわってないし、おしゃれにお金をたくさんかけられる人もそんなには多くないはず。

特に一般庶民はこのお値段出してまで買う人は正直少ないだろうな、と思いました。

パリにやって来た頃は、おしゃれを1番したいだろう年頃の子たちが服は適当で髪もくしゃくしゃで、何なら寝ぐせもついていて、雑誌などで見ていた日本のパリ情報はいったい何だったの?と思ったくらいです。

ただし今はその頃よりは若い子たち、おしゃれになっていて、パリでもパリ郊外の我が家周辺でも、オーバーサイズのダサ可愛いコーデを楽しむ子をよく見かけます。

パリ市内でも郊外でもいつでも賑わっているな、と思うショップはファストファッション(流行を取り入れた大量生産で低価格の衣料品や業態)のブランドで、スペインの「ZARA」やスェーデンの「H&M」、日本の「UNIQLO」など。

中国の「SHEIN」は今年の5月、パリ4区に期間限定のコンセプトショップをオープンしましたが、連日大行列になっていることがニュースになっておりました。

リサイクルも盛んなので、たとえば我が街のリサイクルショップは、1ユーロフェアやヴィンテージフェアがあると、英語圏の人まで並ぶほどの大行列になります。

フランスもピークは過ぎたもののインフレが続いているので、ますますプチプラ傾向のように感じます。

そんなフランスなので、ここで買うのはごく限られたフランス人、あとはほとんどが観光客かもしれないな、なんて思いました。

でも商品は本当に可愛いので、たとえばせっかくのパリ旅行なのでメルシーに行きたい!奮発して何か買いたい!

っていう気持ちはよ~くわかるな~。

私も旅行でパリへ、っていうんだったら、記念にもなるし買いたいかもです。

やっぱりトートバッグかな?!

IMG_1100

見るだけでも楽しくて参考にもなるMerci。

周辺にもおしゃれなショップがありますよ~。

住所・・・111 Boulevard Beaumarchais 3区
TEL・・・01 42 77 00 33 
HP・・・Merci

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は9度、最高気温は17度で、お天気は雨のち曇りとなりました。

冷夏だったけどそれなりに楽しんだ今年の夏のパリ。

そんな夏のある日、自転車でマルヌ川へピクニックに行ってまいりました。

IMG_9289

コーデは、結構暑い日だったし自転車も漕ぐので、白Tシャツに薄手の柄パンツ、コットンの帽子、軽い編みバッグ、これに白スニーカーを合わせました。

このコーデは、ご近所の日本人ご家族を招いた時と同じ。

日本人ご家族を招いてお庭で昼食会

ワイドなパンツなので動きやすいのがグッドなんです。

IMG_9280

そして自転車は、古自転車好きの旦那チョイスで左が旦那が乗った1962年頃のもの、右が私が乗った1950年頃のもの。

古い自転車って意外に乗り心地は悪くないんです。

IMG_8624

実はこの日は1番の目的がありまして、それはこの時に出会った黒鳥にまた会いたかったから。

焼き魚弁当を持ってピクニック&人生初の黒鳥との出会い

なのでOn voudrait revoir le cygne noir。

黒鳥にまた会いたいな、と思ってのピクニックなんです。

IMG_9275

前回出会ったほとりには見当たらなかったので、そのまま川沿いの小道を走り抜け辿り着いたのは、我が家のお気に入りのパリ郊外のマルヌ川プラージュ(浜辺)。

その昔、古き良き時代は、パリから1番近い浜辺として賑わった場所です。

IMG_9271

で、まずは腹ごしらえのピクニックタ~イム。

(はやっ!)

ピクニックシートをしいて、旦那が自転車にのせてきた折り畳み椅子を広げ、ラジオもスタンバイ。

ワインは冷たいロゼです。

IMG_9273

お弁当は冷凍しておいたものをあれこれ使っての日本の洋食弁当で。

オムライス、ハンバーグ、コロッケ、スぺゲティーサラダ、人参のグラッセ、ベークドポテト、茹でブロッコリー、ソラマメです。

オムライスの中はトマトチキンライスで、チキンライスにはケチャップを使いましたが、旦那がそのままケチャップが苦手なので、上にかけるのはなし。

私はちょっとかけるのが好きなんですけどね。

でも美味しかった~♪

やっぱり日本のハンバーグはお弁当にも最高だ~い!

IMG_9219 - コピー

黒鳥さんにはまだ会えていないけど、白鳥さんが来て、水遊びする人たちをいつものように穏やかに眺めておりました。

人と鳥たちが普通に自然に一緒に過ごしているのも、この浜辺の大好きなところ。

昔ヴァンセンヌの森にある池で人を威嚇してる白鳥を見たことがあるけど、あれはきっと人間に意地悪された経験があるんだな、と私は思いました。

ここには白鳥も鴨もしょっちゅう来るけど、どの子も人を恐がったり威嚇したりしません。

皆仲良く浜辺時間を楽しんでおります♪

IMG_9276

お腹が満足した後は、再び黒鳥さん探しにしゅっぱ~つ!

IMG_8745 - コピー

トランプを楽しんでいるカップルさん。

フォトしていいですか?

と尋ねると笑顔で、ぜんぜんOKだよ、と。

このカップルだけじゃなく、春と夏のマルヌで出会う人たちは不思議と皆サンパ(感じが良い)。

IMG_9283

ボートに乗ってるこの人たちは、黄色のシャツの人が音楽に合わせ何やら歌って踊っていて、何だろうと見てみると。

IMG_9284

どうやらミュージック・ビデオの撮影をしているらしい人たちでした。

ってことはあの黄色いシャツの人はシンガー?有名人?

で、旦那と2人で、誰かね?知ってる?いや知らねぇな。

などと話しましたが、音楽はラップっぽかったぜい!イェイ!

IMG_9288

これまた我が家のお気に入りの、19世紀後半から続くガンゲットレストラン「シェ・ジェジェンヌ」も通過。

パリのガンゲットレストラン「シェ・ジェジェンヌ(Chez Gégène)

IMG_9286

パリ郊外プラージュが全盛期だった頃の雰囲気がそのまま残るこのお店は、いつ来てもノスタルジックな雰囲気がたまりません。

冬場は閉まってしまうんですけどね。

で、結局この日は黒鳥さんには会えなかったんです。

会えたのは本当に奇跡だったよう。

なので、またいつか会えたらいいな、でも楽しかったな、と思ってのピクニックでございました~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ