パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

海外・生活

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は0度、最高気温予想は10度で、お天気は晴れの予報となっております。

4月後半の0度にびっくりです~。

ということで、フランスのスーパーコーナーでして、今回はお買い得がしょっちゅうあるパリ郊外の大型アジアンスーパーです。

IMG_2785

買ったのはコチラ。

IMG_2791

まずはオタフクの辛口お好み焼きソース2、95ユーロ。

お好み焼きがずっと食べたかったのですがソースがなくて作れなくて、やっとゲット。

これでいつでも作れます♪

旦那もですがお好み焼きはフランス人が1度食べると気に入る確率高し。

我が家にお招きしたフランス人の方々にお好み焼きを何度もお出ししたことがありますが、全員が、美味しい♪と大喜びでした。

IMG_2793

コチュジャンソース1ユーロ。

賞味期限が1ヶ月切れているのでこのお値段。

ま、あと半年くらい大丈夫だろうな、と思っております。

自己責任。

IMG_2792

黒カレーパウダー1、99ユーロ。

黒カレーパウダーなんで初めて見たので珍しくて買ってみました。

まだ使ってないのですが、使ったら感想をお伝えさせていただきますね。

どんなお味でしょうねぇ。

IMG_2788

コンニャク1、30ユーロ。

おでん用でして、私もですが、旦那が大好きなんですよね。

外国の人は(フランスでは私が外国の人ですが)コンニャクが苦手、なんてことが結構あるようですが、旦那は初めから何の違和感もなく、気に入ってましたよ。

IMG_2787

練り物2種で上がさつま揚げ風1袋2、30ユーロ

下がすり身系で2、10ユーロ。

これもおでん用でして、どちらもタイ製ですが、問題なく違和感なくおでんに使えます。

おでんの練り物ってあまり人気がないようですが、我が家は2人共大好き。

おでんって何食べても美味しいです~。

ただし私的には、1番は卵、は不動であります!

IMG_2790

餃子の皮1、80ユーロ。

今は余裕がある時は自分でも皮を作りますが、冷凍庫にこれがあればお手軽安心ラクチン。

IMG_2794

大根1、70ユーロ。

大根はいつも上部を大根おろし、真ん中をおでん、下部をお味噌汁やお漬物にしております。

以前は大根おろし、すりおろし器でがんばってやっていたけど、ミキサーで少しのお水を入れて攪拌すれば簡単に出来ることを知り、それ以来、がーっと作って、小分け冷凍。

焼き魚にもみじおろしにわさびおろしにと、いつでも大根おろしがいただける幸せを感じております♡

IMG_2789

エノキダケ1袋0、70ユーロ。

白しめじ1袋0、80ユーロ。

このアジアンスーパーに行くまでは、別のアジアンスーパーでこの2倍くらいのお値段で買っておりました。

あれはいったい何だったのだ?

と思うくらい値段が違います。

IMG_2786

そして銀杏2、49ユーロ。

我が家は旦那も私も銀杏がだ~い好き。

で、まだ売っていたので、冷凍保存してあるのがまだあるけど、迷わずまたゲット。

これで大好きな揚げ銀杏がまだもう少し楽しめそうで~す♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は5度、最高気温予想は13度で、お天気は曇りときどき晴れとなっております。

今週は気温が下がって暖房が必要なパリとなっております。

なのですが。

先週末の土曜日はその前の土曜日と同じで、いきなりぐぐんと暖かくなりました。

で、もちろん前もって天気予報で知っていたので今年2回めのお庭ごはん開催。

IMG_3343

まずはテーブルコーデ。

ピンクの小花柄のテーブルクロスに控えめ柄ブロカント皿チョイス。

甘いピンクの小花柄のお皿も考えたけど、今回は抑えめにしてみました。

IMG_3347

お花は旦那に空地で摘んできてもらったリラに庭咲きの紫と白の花を合わせ、ブロカントのソース入れに飾りました。

リラがい~い匂い。

IMG_3350

先ずはアミューズで、冷凍しておいたフォカッチャで生ハムのプチサンドイッチです。

リベイクしたらご覧の通りちょっと焦がしちゃいましたが、お味はグッド。

フォカッチャ作りはだいぶ慣れてきて、美味しさにハマっている今日この頃。

なかなか奥が深いイタリア生まれのパンちゃんでございます。

IMG_3352

そして前菜は自分レシピであれなんですが、この結構おしゃれな1品。

美味*白アスパラと生ハムの苺ソース添え by ルロワ・モワ

自分で結構おしゃれって言っちまうのもあれなのですが、家ごはんで出て来る1皿としてはなかなか悪くないと思います。

そしてかなり美味♪

でも、今回ドレッサージュを若干失敗しました。

周りのソースの点々をちょっと失敗したので、それを誤魔化そうと思い、デザートによくある模様をつけたのですが。

これ、デザートには良いけど、前菜にはなんか変。

と自分で思いました。

ま、でも美味しかったからいっか。

IMG_3354

メインも自分レシピでして、フランスのこの王道ソースで。

ロックフォールチーズのステーキソース by ルロワ・モワ

ステークフリット(ステーキ&フライドポテト)です。

久しぶりのこのお味ソースだったけど、前日からマリネしておいた柔らか赤身肉と合って、2度揚げポテトもサクサクで、これもと~っても美味しかったです。

ちなみに、多くのフランス人と同じで、旦那もフライドポテトに目がないので、私の2倍近くの量を添えております。

IMG_3359

デザートもありまして、苺のティラミスです。

この週末くらいまでに使っちゃわなくちゃな開封済みマスカルポーネがあったので、苺と合わせて簡単作成。

15分くらいで作ったのですが、旦那がスーパーボン!と絶賛。

こんな簡単なのにスーパーボンなんて…こりゃマスカルポーネ残ったらまたこれだな、と心の中で思いました。

IMG_3361

さて、こんな暖かなお庭では、今、家庭菜園のための準備が着々と進んでおります。

今年から私も本格的に参入?しておりまして、この種を植えた鉢植えは全部私がやりました!(鼻ふがっ)

去年初めて挑戦したアジサイと山椒の挿し木が何とかうまくいって(山椒は旦那が適当にやったものが上手くいったのですが)、一昨年マルシェの花屋さんで買った残り物のお買い得ハイビスカスが元気に育ってくれていて、植物の可愛さ、育てる楽しさに目覚めちまった感じなんです。

芽が出てくれると、大きくなってくれるとめっちゃ嬉しい♪

しかも10日くらい前に同じ通りに住むご近所さんが粗大ゴミの日に家庭菜園用品をばかばか出しておりまして、全部持ってっていいよと言うので、それをたくさんいただいたのですよ!

IMG_3363

そのいただいたもの大物①はこのビニールハウス。

寒い日、雨の日に植物を避難させるのに便利で、今週は気温が下がっているので、寒さに弱い子たちに早速せっせこ移動してもらいました。

IMG_3365

いただいたもの大物②は虫よけのプラスチックカバー2個。

熟してきた苺の実や青じその若葉はエスカルゴの大好物。

毎年、ビニール袋をかぶせて守っていたけど、これがあればある程度守れます。

この他にもBIO(オーガニック)の培養土や大小のプランターもたくさんいただきました。

ご近所さんがなぜ粗大ゴミに出したのかは聞いていないのですが、思いっきりどんどこ出していたので、家庭菜園をやめるということなのでしょう。

始める人もいればやめる人もいる。皆いろいろです。

とにかく我が家的には超ラッキーでした♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は5度、最高気温予想は13度で、お天気は晴れときどき曇りとなっております。

週末土曜日は気温が26度まで上がったパリ。

で、数日前から天気予報でわかっていたので、今年初のお庭ごはんと決めておりました♪

IMG_3277

テーブルに飾ったのは、近くの空き地で旦那が摘んできたリラの花。

リラは花も香りもだ~い好き。

我が家にもあるのですが、植えている場所がいまいちらしく、咲くのが遅いし花もたくさんは咲かないんですよね。

植物はその子たちにあった場所に置いてあげたり植えてあげるのが1番。

(旦那よ、なぜあそこに植えた?)

IMG_3282

今年初のお庭ごはんとくれば、今年初のバーベキュー!

ちょうど前日のお買い物でお買い得になっていたバーべキュー用の豚ちゃんブロシェットがあったので、冷凍してあったグリル用チョリソーと一緒に早速焼き焼き。

IMG_3280

他には冷凍しておいた自家製ファラフェル&ヨーグルトスパイスソース。

IMG_3284

ドイツ系スーパー「リドル」で去年買った、賞味期限ぎりぎりのフリーズドライ野菜とスパイス入りのパエリアセットに、冷凍魚介とルジェ(ひめじ)をプラス。

火が通りやすく崩れやすいルジェなのでそこだけ注意しつつ作りましたが、ちょうど良い火の通りになって美味しかったです。

ただしパエリアは袋の裏の説明通りに作ったら、もう少しお米がアルデンテ気味でも良いな、と思いました。

私の作り方か我が家のIH調理器の加減もあるのかもしれません。

また売っていたら便利なのでまた買いたいですが、今度は少しだけ炊く時間を短くしてみようと思います。

IMG_3298

で、冬にほったらかしておいたお庭の片付けと家庭菜園の準備も、ちょうど先週から始めたところ。

左下に写っているのはニラですが、先週ほとんど使っちゃったので今少しだけ残っている状態。

でも去年種を収穫しておいたので、近々お隣にもまく予定。

この一角全部ニラちゃんでも良いくらいで~す。

IMG_3304

去年挿し木したアジサイも育ってまいりました。

でも同じ時期にご近所日本人ご夫婦宅からいただいて挿し木した山椒は夏&秋の間、毎日とてもとても気をつけていたけど、長雨の時期にダメになってしまってショックでした…。

山椒の挿し木はかなり難しいといろんな園芸サイトで書かれていたので覚悟はしていたけど、本当にそうでした。

なのでいくつかあった山椒の挿し木の鉢植えを全部諦めて、冬の間、枯れたまま外にほったらかしておきました。

IMG_3310

そしたら何と、旦那が鉢植えに適当に挿した枯れ枝から1本だけですが、いつのまにか芽が出てきていたのです!

これには本当にびっくりで私的には小さな、いやかなりの奇跡!

小躍りするくらい喜んじゃいました~。

枯れて死んじまったと思ったけど、植物、思ってるより簡単に死なないのかもしれないです。

それでもやはり山椒はデリケートさんなようなので、大事に見守りたいと思います。

でも私の大事にし過ぎ作戦はまったくうまくいかなかったので、適度にね。

もしうまく育ってくれても収穫までには3、4年かかるようですが、いつか山椒の実が収穫出来たら、大好きな実山椒の炊き込みごはん食べたいです。

な~んて、ああ夢想~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は11度、最高気温予想は17度で、お天気予報は晴れときどき曇りとなっております。

フランスのスーパーコーナーでして、今回はドイツ系スーパー「アルディ」と同じくドイツ系の「リドル」で、イースター前に買った食材となっております。

IMG_3129

買ったのはコチラ。

IMG_3131

まずはアルディからでしてイースター用に買った特別食材①の、IGPマーク付きの白アスパラガス4、99ユーロ。

IGP(Indication Géographique Protegée)はEUの地理的保護呼称で信頼出来る品質保証マーク。

出回りはじめは白アスパラって相当お高くて、このお値段じゃ普通は買えないのですが、さすがアルディ。

で、イースターにいただきましたが、このお値段のわりにちゃんと美味しかったです♪ →2024フランスの我が家のイースターごはん

今年も白アスパラ、お買い得を見つけてたくさん食べるぞ!

IMG_3132

アーティーチョーク1個0、99ユーロ。

旦那の大好物で旦那が見つけた途端カートに入れました。

アーティーチョークはがくの部分がきゅっと締まったものが新鮮目印なのですが、見ていただくとわかると思うのですが、これ、結構締まってます。

で、定番の茹でアーティーチョークにしてこれに合うドレッシングを添えてもういただきましたが、やはり美味しかったです。

旦那は、食べる手が止まらす、1個半(私は半個で十分)結構あっちゅう間に完食しておりました。

アルディ、やりますねぇ。

IMG_3133

パイナップル1、69ユーロ。

我が家は夫婦2人共、パイナップルだ~い好き。

でも最近食べていなかったし、お安くかったので久しぶりに購入。

これももういただきましたが、大丈夫、甘くて美味しかったです♪

(美味しい美味しいばかりやがな、と自分突っ込み~)

IMG_3134

ここから「リドル」でして、イースター用に買った特別食材②の、トリュフ&ホタテ入りの白ブーダン2、99ユーロ。

黒ブーダンは豚の血から作るソーセージですが、白ブーダンは白身のお肉と、牛乳、卵などから作るあっさり食べやすいソーセージで、我が家の大好物です。

クリスマスや年末、イースターの特別な時期にたくさん出回りますが、我が家は1年を通して、結構いただきます。

なので、一応イースター用に買ったけど、結局いただかず、今冷凍庫で待機中。

そのうちの週末の食卓でいただくと思います。

IMG_3135

イースター用に買った特別食材③のウズラの卵2、39ユーロ。

日本では特別食材でもないし、かといってそれほどポピュラーでもなく、なんだか中途半端な食材ですが、フランスもちょっと似た感じ。

でも白ブーダンと一緒で、クリスマスとか年末、イースターにまあまあ出回る食材的な感じ。

で、ウズラの卵ちゃん大好き我が家、出回ると1パック買っておきます。

賞味期限も結構長めなのでまだ使ってなくて、チャンポンがいいかな、八宝菜がいいかな、串揚げもいいかな、と、日本食中心に余裕かまして考え中。

でもそうやって余裕かましてる間に、あちゃ~賞味期限切れてた~!

になるんだよねぇ。

IMG_3136

左がAOPマーク付きのシャンパーニュ地方のラングルのチーズ1、59ユーロ。

右がサマートリュフ入りのブリーで4、19ユーロ。

AOP(Appéllation d’Origine Protégée)はEUの地理的保護呼称で信頼出来る品質保証マーク。

ラングルは表面のしわしわなくぼみが特徴。

においは結構ありますがそのわりにたべやすいチーズです。

トリュフ入りチーズはたっぷりのトリュフがはさまって、トリュフ堪能チーズ。

でも今はそれほどトリュフ~にはならなくなったので、おお、トリュフ味だね、と楽しんでおります。

(ちょっと慣れ過ぎたかな)

IMG_3137

そしてBIO(オーガニック)のEXバージンオリーブオイル8、29ユーロ。

我が家は2種のオリーブオイルを使い分けていて、1つはお気に入りにプロバンス地方のオリーブオイルで、調味料感覚で生でさっとかけていただく用。

で、こちらは普段感覚で炒めものやドレッシングに使う用。

オリーブオイルってそれぞれで本当にお味が違うんですよね。

ということで、イースター特別食材ではありますが、結局イースターに使ったのは白アスパラだけでした。

ま、言ってもうち無宗教だし、イースターは普通に祝日って感じなので、こんな感じでいいかな、と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民のリアルな日常と暮らし情報、料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温予想は13度、最高気温予想は19度で、お天気は曇りときどき雨となっております。

久しぶりにエッフェル塔を散歩したら欧米系詐欺グループも加わっていて、ちょっとびっくりだったこの日の朝。

人種が変わってきた。エッフェル塔のパリ詐欺グループ観察

IMG_3023

朝の美味しいコーヒーをいただきたくて、エッフェル塔と同じ⑧号線のメトロ駅「エコール・ミュリテール」から徒歩2、3分の場所にあるレストランカフェにも寄ってまいりました。

IMG_3024

米仏ハーフのシェフさんのお店「ZIA」です。

IMG_3018

開店してわりとすぐの時間に行ったのですが、小さな店内はすでにほぼ満席。

しかも皆さん朝からがっつりめに食べております。

と言うのもここはアメリカのサンタフェ生まれのシェフさんのブランチが大人気で、フランス風メニューの他に、アボガドたっぷりのブリトーやオランダ風パンケーキもあるんです。

で、私は飲み物一杯だけだったので無理かな、と思ったら、お店の方が快く、ぜんぜん問題ないですよ、と言ってくださり、1席だけ空いていたテーブルに案内してくださいました。

IMG_3020

お願いしたのはカプチーノ4ユーロ。

フランスのカフェのコーヒーは猫舌のフランス人に合わせ熱くないことが多いので、いつも必ず熱くしてください、と伝えるのですが。

それを伝え忘れてしまったので、やはりあっつくはなかったです~。

でもナッツのようなコクがあってお味はグッド。

ああ、これであっつきゃさらに良かったのだけど…と、美味しいけどちょびっと残念。

で、いただいている間に観光らしいお隣さんにアボガドトーストが運ばれてきたのですが、アボガドたっぷりで見るからにボイルドエッグがとろとろで、お隣さんが目を輝かせていたのですが、私も人様のなのにちょっと目がぴかっ。と光っちゃいました。うひ。

フランス式朝食セットは基本パンとフレッシュジュースと暖かい飲み物だけで、しかもお高めのわりにたいして美味しくないことも多いので。

だったら旅行で来た場合は、朝食兼昼食でブランチをがっつり。っていうのは良いかもな、と思いました。

日曜もオープンしているこのお店、旅行でパリにいらっしゃる方は知っておくと便利かと思います。

住所・・・22 avenue de Tourville 7区
TEL・・・01 44 18 90 71
HP→ZIA

IMG_3008

美味しいコーヒーをいただいた後は少しエッフェル塔界隈のカルティエ歩き。

渡仏してきた2008年にすぐに住んだカルティエで今もしょっちゅう立ち寄りますが、午前中に来るのは久しぶり。

街がまだ動き出したばかりな感じがなんだか懐かしくて気持ち良い。

IMG_3016

一緒にフランスに来たチワワの坊やと毎日散歩した通り。

このアパルトマンの一角に住んでいる、映画に出てきそうなチャーミングなマダムに、坊やが可愛い♡としょっちゅう声をかけられましたっけ。

もうあのマダム、引っ越しちゃっただろうな。

IMG_3017

16年の間でかなりお店の移り変わりがあるのですが、建物はそのままなことがほとんどなのが、パリの良いところ。

建物が壊されてとにかく全部が変わるってとても淋しいですから。

IMG_2995

エッフェル塔も目の前のシャン・ド・マルス公園の雰囲気もだいぶ変わりましたが、いつでも気軽に思い出いっぱいの場所に来れるのはなんだか今でも不思議でやっぱり楽しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ