パリ生活社ミルクとマカロン2

パリ郊外マルヌ川の流れる街の暮らしの中で、日本人として感じる思いを率直に綴ります。

海外

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は14度、最高気温予想は32度で、お天気は晴れとなっております。

ここ数年の間、日本のネット情報では出て来ないビストロかレストランにばかり行っておりました。

その方がわくわく感があるかな、と思っていたからです。

でも少し前に在住日本人の口コミやネット情報で話題になっているこのお店に初めてうかがって。

噂の日本人シェフさんのビストロnarro(ナロー)へ

とても美味しかったので、情報が出てくる出てこないにこだわらず、日本人シェフさんのお店もそうじゃないお店も行こう。

と思いました。

そんなわけで8月にまた日本人シェフさんのレストランに訪問してまいりました。

IMG_0134 - コピー

9区にある牧田幸三さんのお店「Restaurant Kozo」です。

賑やかな通りの気軽なカフェやブラッスリーが並ぶ中、お店はこじんまりとして控えめな雰囲気の外観となっております。

パリにたくさんある日本人シェフさんのお店の中でここを選んだ理由は、クラシックなフレンチをベースにほんの少しの新しさがあるお料理を出している、というのに魅かれたのと、お値段もお手頃だったからです。

IMG_0126 - コピー

この日は予約をしていなかったので、オープンしてすぐの時間に到着。

20席ほどの小さな店内も派手な装飾は一切なくシンプル。

サービスの日本人女性スタッフさんは日本人らしい丁寧で気配りの行き届いて感じのよい対応で、最初から日本語なのもやはり日本人としてはほっとします。

チョイスしたのは、アミューズ、2種類から選べる前菜、2種類から選べるメイン、デザートの35ユーロのランチコースです。

他にも前菜とメイン(それぞれ1種)とコーヒーで25ユーロのランチセットもありましたが、せっかくなのでコースにしてみました。

IMG_0125 - コピー

アミューズは生の鯛にジュレととろろ昆布をのせたもの。

鯛を昆布締めしてるのかな?

あっさりでほんのり和のテイストがありながらも、しっかりフレンチです。

アミューズというけれど、ちょっとした前菜のような1品です。

IMG_0127 - コピー

前菜はイクラとハーブをトッピングした生に近い鱒(ミキュイ=半生かな?)のズッキーニのサラダ添え。

とろっとした鱒にほんのりの酸味のズッキーニがよく合います♪

たまに、盛り付けが綺麗で見惚れてもいただいてみるとお味の方が若干下回る、というお店がありますが、これは見た通りの丁寧で美味な1皿。

IMG_0129 - コピー

メインは仔牛のもも肉の野菜添え。

仔牛が柔らかいのはもちろん、仔牛で作ったソースもこれぞフレンチなソース。

でもまったくくどくなくて、お肉の美味しさをさらにを引き立てるお味です。

野菜もそれぞれの風味と甘味が引き出されていて、お肉もお野菜も、それが合わさっても美味しい。

お肉が厚切り2切れだったのも嬉しい。うふ。

IMG_0131 - コピー

デザートは、チーズケーキと苺とバジルのソルベです。

実はチーズケーキと聞いて、シンプルな三角か四角のチーズケーキを想像しておりました。

と言うのも、小さなレストランではパティシェさんを雇っていなくて、料理人さんがデザートまで作っている、という場合が多いので、デザートはそれほど凝っていないお店がよくあるんです。

でも運ばれてきたチーズケーキは予想と違って、繊細な1皿。

ソルベも美味しかった~。

このデザートもシェフさんが担当なさっているようです。

で、デザートまですべていただいた時は、量も自分に丁度よかったし本当に大満足。

でもとにかくお料理が奇をてらわず、でもクラシック過ぎずやり過ぎず重くなく流されず、丁寧なお仕事。

で、高くない。

私がパリで食べたいフレンチそのものでした。

外食が高く、コロナ禍の後はさらに高くなったパリで、この食材のコースで美味しさで35ユーロというのは、なかなか多くないと思います。

美味しいけど材料費かかってないな、この前菜家でもマネ出来そうかな、というお店、結構ありますからね。

このお料理たちはすべて私にはまったくマネは出来ないと思いました。

ただしワインがちょっとお高めで、グラスで10ユーロ前後からなので、7ユーロくらいでいただけると、白と赤1杯ずつ飲めるかな、なんて思いました。

あ、でも今回BIO(オーガニック)の白ワインを1杯いただいたのですが、すごく美味しくて、ワインも良いものをチョイスしてると感じました。

そんなことも全部含め、あくまでも私的にはですが、今までたくさんのビストロやレストランに行った中で、勝手に上位ランキングに入れさせていただきました!

ここは、たとえば節約パリ旅行だけど、お手頃でパリらしいフレンチをいただきたいわ、な方だったら、25ユーロのランチセットでも十分良いと思います。

25ユーロで材料費かかってなくて、あれ?なお味のお店とか、業務スーパーで調達して温めて出してるお店とか、パリには山ほどありますからねぇ。

そんなとこで25ユーロ払わなくちゃなことになったら、残念でしかないですもん。

それと、予約してなかったら入れないということもほとんどないそうなので(2023年8月の時点では)、予約しちゃうと慣れないパリで時間通りにたどり着けるかな、と心配な方も大丈夫かな、と思います。

もしあれでしたら、行く前に電話して、今日のお昼行っても空いていそうですか?と日本語で確認しても良いのではないでしょうか。

IMG_0133 - コピー

で、シェフの幸三さんがお顔を出してくださったので、少しお話して、フォトもパチリさせていただきました。

「郊外からパリに来る時は美味しいものを食べるのが楽しみなのですが、よく失敗もあるんです。でも今日は大成功でした!」

とお伝えしたら、とっても喜んでくださいました。

私はとにかくいろんなお店のお味を楽しみたいので、同じお店はよっぽどじゃないと行かないのですが、ここはぜひいつかまた本当に行きたいと思っております!

住所・・・48 rue Saint-Georges 9区
TEL・・・01 48 78 46 09
営業時間・・・ランチ水曜~日曜日12時~13時半、ディナー火曜~土曜日19時半~21時半、日曜日19時~21時(不定休で前日までの要予約)
メトロ・・・「Saint-Georges」⑫号線
HP・・・Restaurant Kozo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
  にほんブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は18度、最高気温予想は29度で、お天気は晴れとなっております。

9月に入ってすぐ夏のような暑さになっているパリ、フランスです。

今週も毎日晴天で、明日パリは34度の予想気温。

9月でも10月でも、とにかく晴れが好きだ~。

IMG_0217

ということで、我が家の青じそがもさもさ元気ちゃん。

毎日のように食べているのですが、ちょこちょこ食べてるくらいじゃぜんぜん減らないんです。

しかも小さい葉が2、3日ですぐ大きくなります。

なので青じそを美味しくいただけて、しかも大量消費出来るお料理ないかな、と思っていたのです。

そしたら、まさしくそんな青じそ料理を見つけたんです!

IMG_0204

それがこの東北地方の郷土料理「しそ巻き」です!

ネットで初めて知りレシピを探してみたら、甘味噌を青じそで巻いてつまようじで3、4個刺して揚げ焼きにした1品。

甘味噌はシンプルなものもあれば、胡桃を入れたもの、白ゴマを入れたものなどがあって、今回は胡桃を入れてみました。

そしたら、揚げた青じそがパリパリしゃりしゃりっとなって、小さじ1杯くらいの少なめの甘味噌が程よく甘くてしょっぱくて香ばしくて、胡桃のカリカリ食感もグッド。

予想以上に美味で新鮮びっくり。旦那にも大好評♪

フランス人、miso好きですからね。

ちなみにフランスではsが1つだと濁音読みになるので「ミゾ」、sが2つ続くと「ミソ」と言います。

なのでフランスでは「ミゾ」と呼ばれております。

話を戻しまして。

しかも残ったしそ巻きにラップをして、そのまま常温で一晩置いておいたのですが、翌日もパリパリシュワシュワのままだったんです。

(ただし日本はまだ暑いし湿度が高いので冷蔵庫に入れないとだと思いますが)

なので、今回は初挑戦だったので16個作ってみましたが、今度はまとめて30個くらい作ってもいいな、と思いました。

青じそ30枚使うって結構な消費です。

和食~って感じなので、例えばフランス人(他の国の方でも)にアペロのおつまみに出しても、和食の1品として出しても喜ばれるんじゃないかな、と予想しております。

あ、それに動物性のものは使わないのでベジタリアンにもバッチシ。

きっと今の時期、日本だけじゃなくフランスや他の国でも、家で青じそを育てていて、消費に困っているという方、結構いらっしゃると思います。

そんな方に、もしまだ作ったことがなければ、わたくし的には超おすすめでございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ庶民の暮らし情報と料理を中心にご紹介してるmoiです。

今日のパリの最低気温は17度、最高気温予想は28度で、お天気は晴れとなっております。

久しぶりのマルシェコーナーです。

今年のパリは冷夏でしたが、この日は晴天に恵まれ、気温も上昇。

なのでそんな日にしか着れない服チョイス。

IMG_9939

水色水玉模様のマキシ丈ワンピに麦わら帽子とポシェット、足元はシルバーゴールドのサンダルです。

このワンピは去年の夏セールの最終期で買ったH&Mのもの。

お値段は忘れてしまったのですが、超お買い得だったのは確かです。

マキシ丈ワンピが大好きなので、それがお安かったりするとついつい買っちまいます。

こんなコーデでオニバ!

IMG_9906

冷夏&8月の後半だったので木々がすでに色づき始めております。

は~、秋来るの早過ぎるよ~。

IMG_9899

途中ではこんな可愛い黒猫ちゃんに遭遇。

めっちゃ綺麗な子。

IMG_9903

すると向こうから大きなわんちゃんたちがやって来ました。

IMG_9904

素早く逃げ態勢の黒猫ちゃん。

自分よりずっと大きいしそりゃ恐いよね。

(もうやることすべてが可愛くてちくしょう)

でもわんちゃんたちはとてもいい子で、大人しくママさんと通り過ぎました。

うちの子たちだったら、興味津々で追いかけようとして大騒ぎ!

IMG_9912

黒い赤ちゃんチワワにも出会いました。

なんですかこの子は!可愛過ぎるぞ!

IMG_9914

で、マルシェに到着~。

バカンスをとっているお店が結構あるので、ちょっとガランとしております。

1年に1度、この時期だけの光景です。

IMG_9917

でもポルトガルバーは8月もずっとオープン。

ありがたやありがたや。

IMG_9919

飲み物はいつものポルトガルの微発泡ワインのヴィーニョ・ヴェルデ。

アルコール度数低めなので、日中のアぺリティフにぴったりです。

しかも2、50ユーロ。

他のマルシェのバーでは3、50くらいが多いから、ここは良心的。

IMG_9916

この後はほろ酔い気分でマルシェ散歩。
屋内も1/3くらいのお店がバカンス休みです。

IMG_9922

でも今年ちょっとびっくりしたのが、このマルシェで1番人気のフランス総菜店。

毎年夏はきっちり1ヶ月のバカンスをとるのですが、今年は休まずオープン。

店主さんといつものスタッフさんはバカンス休みをとっているようでいなかったのですが、その代わり別のスタッフさんたちが対応しておりました。

これはお客さんたちにはかなり嬉しいことだと思います。

ここほんと美味しいですからね。

IMG_9776

カウンターにはこんな「夏中お店開けてます」プチパネルスタンド。

フランスもこうして徐々にバカンス期も開けるお店が増えているように感じます。

デパートやスーパーだって、私がフランスに来た15年前は日曜日は開いていなくて、街はどことなくガランと淋しかったものです。

でも今じゃ日曜日もデパートやスーパーは営業。

便利だけど、昔のガラン時代も少し懐かしく思います。

IMG_9923

ということで、家に帰ってきてのごはんは、晴天の週末はこれに決まり?のバーベキュー。

IMG_9927

そして朝マルシェに来る前に準備しておいたパエリアで~す。

スペイン料理だ~い好きでタパスもパエリアも大好物。

ほんとはポルトガルかスペインに住みたかったですしね。

(でも想像もしていなかった仏住まいで本当に良かったと思う現在)

それにしても太陽の下でパエリア合うわ~。

IMG_9936

家庭菜園のお野菜もお花もすくすく育って、やっぱり夏最高。

死ぬまで一生春&夏がええ。

そんなところフランス周辺でないかな~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
応援クリックしていただけると励みになります。
 にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ